ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格】プロがおすすめ!「証券アナリスト」 ~英EU離脱!経済情勢が揺れる時、重要視される「金融情勢を読み解く力」~

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「新しい人生を切り開きたい!そのために何か資格が欲しい!」、そんなあなた。それなら、今後もニーズの高まりが予想され食いっぱぐれにくい資格を目指してみませんか?しかも資格取得の際に手に入れた知識が自身の資産運用の役にも立つとすれば、正に一石二鳥。

というわけで、「稼げる資格」編集長を務める資格の専門家・乾喜一郎さんに、おすすめの資格をピックアップしてもらいました。

今回は、「証券アナリスト(CMA®)」をご紹介。注目の理由から取得のためのポイント、永く稼げるためのコツまで、 一気にお教えします。

経済・証券・財務分析など金融全般の知識を一度に学べる資格。一般企業でも広く役立つ

だから稼げる!「稼げる資格」編集長の注目ポイント

証券アナリストは、株式や債券などさまざまな証券への投資に関する専門家。資格試験では、国内や世界の経済動向と個別の企業の経営状況を同時に分析するための知識や理論、スキルが幅広く問われます。そのため、証券会社や銀行などの金融機関や企業の調査部、財務部門はもちろん、法人を顧客とする営業部門まで幅広く活用することができるのが特色。試験に合格し、3年以上の実務経験があれば協会の検定会員(CMA®)として認定されます。

インターネットや輸送技術の進歩などによるボーダーレスの影響で、日々マーケットは複雑化。直近で言えばイギリスのEU離脱決定による日本企業の動向や、円高による輸出難・輸入拡大が予想される今、経済について多角的に情報をとらえ、正しく処理する能力は金融業界でますます重要視されるでしょう。また、資格を取得するために勉強した内容があれば、自身の株式投資や資産運用の役にも立ちます。

どう稼ぐ?

アナリストはもとより、金融機関等に所属するファンド・マネージャー、投資アドバイザーなど、専門知識に特化した職種が増え、活躍の場は拡大。一般企業の財務、IR部門で働く人がいる一方、評論家として活躍する人もいる。

どう学ぶ?

日本証券アナリスト協会が実施する通信講座を受講する。受講期間は、1次レベル・2次レベルともに8ヵ月。合格までには、最短でも2年の勉強が必要だ。ほかに初歩・入門向きの「基礎講座」もある。

どんな資格?

経済や産業の動向などを把握し、証券分析やポートフォリオ(投資配分)の設計、投資価格を算出。投資の助言や投資運用のサービスを提供する。金融機関に限らず、企業の調査部や財務・IR部門など活躍の場が広がっている。

主催団体

公益社団法人 日本証券アナリスト協会

受験資格

協会が実施する通信講座(1 次レベル・2 次レベル)で学んだ後、それぞれ試験を受ける

目安となる取得期間

2 年~ 3 年

いかかでしたか?あなたにとって「証券アナリスト(CMA®)」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?

更に、この資格を取得した人が実際にどう稼いでいるかを知りたい方は、現在発売中の『稼げる資格2016』に掲載されている活用実例インタビューをチェック!

乾 喜一郎(いぬい きいちろう)

医療や会計の定番国家資格から、知る人ぞ知る手に職系資格まで、600以上の資格に精通する、資格専門誌「稼げる資格」編集長。

また、就職・転職・進学など、20年以上にわたって一貫してキャリアに関する分野に関わり、これまで記事で取り扱ったライフヒストリーは4000例以上にのぼるため、資格取得後の活用法にも知見が深い。

文部科学省「社会人学び直しプログラム委員会」委員。

GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格取得。

構成/文 ケイマナニュース!編集部

※この記事は2016年7月時点での情報を基に作成しています。

関連記事リンク(外部サイト)

「『通信講座』で『資格』を取る」がよくわかるQ&A ~その2~
「『通信講座』で『資格』を取る」がよくわかるQ&A ~その1~
時間がない!お金がない!それでも俺が「通信講座」de資格を取れた理由 ~その2~

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。