ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

布の祭典「布博」がリニューアル! テーマ性を強めたスペシャルな2週連続開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ブローチ博」を同時開催

2016年7月29日(金)~31日(日)と8月5日(金)~7日(日)の2週に渡り、東京・町田の町田パリオで「布博2016夏」が開催されます。

2013年にスタートした布の祭典「布博」は、回を増すごとにファンを増やし、前回は史上最大の規模で開催されました。

▽2016年は史上最大規模のボリュームに! 京都・東京で「布博」開催

東京では春と夏に開催されてきましたが、今回から夏の回がテーマ性の強いスペシャルエディションに生まれ変わります。会場は、布博開幕当初のなじみの場所「町田パリオ」に。

生まれ変わる布博の第1弾は、1週目は「スカートに恋をする週末」、2週目は「織りと刺繍と手芸の週末」がテーマ。1週目は「スカート」をキーワードに、テキスタイルデザイナーが出展します。2週目は、織り物作家、刺繍作家、ボタンや材料などを扱うお店などが出展しワークショップやライブも開催されます。

また、毎回人気の「ブローチ博」は今回も2週に渡って同時開催。

今後は、春の布博はこれまで通りの内容、夏の布博はスペシャルエディションという構成で開催されて行く予定とのこと。初の試みとなるニューバージョンの夏の布博にぜひご来場ください。

布博2016夏

▽7月の布博「スカートに恋をする週末」

会期:2016年7月29日(金)~31日(日) 10:00~18:30(30日は~19:00)予定

▽8月の布博「織りと刺繍と手芸の週末」

会期:2016年8月5日(金)~7日(日) 10:00~18:30(6日は~19:00)予定

会場:町田パリオ3F・4F(完全屋内)/東京都町田市森野1-15-13

入場料:500円(予定)

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

何でできているの?な工芸展「こども+おとな工芸館 ナニデデキテルノ?」
蚤の市も! Bunkamuraがパリの雰囲気一色に「ドゥマゴパリ祭 2016」開催
北欧カルチャーが凝縮された3日間 「NORDIK HOUSE」、表参道に登場

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABROOM NEWSの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP