ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビールが美味しい夏なのに…お酒が飲める人と飲めない人の違いって?

  • ガジェット通信を≫

ビールが美味しい夏なのに…お酒が飲める人と飲めない人の違いって?
お酒をいくら飲んでも全然平気な人と、一口飲んだだけですぐに顔が真っ赤になってしまう人…このような違いがあることを不思議に思ったことはありませんか? これには、遺伝的な体質が深く関係しています。

今回は「お酒を飲める、飲めない」体質について、医師に話を聞いてみました。

お酒を受け付けない人は、身体的にどういう傾向のある人ですか?

アルコールは体内に吸収・分解されると、途中で「アセトアルデヒド」という物質が作られます。アセトアルデヒドは毒性が高く、二日酔いの原因にもなる物質です。

このアセトアルデヒドは「アセトアルデヒド脱水素酵素」という酵素の働きで、最終的に、無害な水と二酸化炭素に分解されます。

このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きかたは、以下の3タイプあります。

・よく働く人=お酒に強い人

・働きが弱い人=お酒に弱い人

・まったく働かない人=まったく飲めない人

このアセトアルデヒド脱水素酵素の働きは、遺伝によって決まっているので、もし両親ともお酒が飲めない場合には、子どももお酒が飲めない体質を受け継ぐことになります。

お酒を受け付けない人が、無理にお酒を飲むとどうなりますか?(比較的軽い症状の場合)

お酒を受け付けない人、つまりアセトアルデヒドを分解できない人が無理にお酒を飲むと、アセトアルデヒドが体にたまっていきます。

すると、いわゆる二日酔いの症状が現れます。軽い症状では、頭痛、嘔吐・吐き気などです。

お酒を受け付けない人が、無理にお酒を飲むとどうなりますか?(比較的重い症状の場合)

お酒を受け付けない人が、無理にお酒を飲むと、以下のような比較的重い症状が現れます。

・脱水による喉の渇き

・体の震え

これらの症状は、酔いとは関係なく起こります。

お酒を受け付けない体質の人は、トレーニング次第で、お酒を飲めるようになりますか?

最初はお酒をあまり飲めなかったけれど、お酒を飲んでいるうちに強くなった、という話を聞いたことがあるかもしれません。これは、半分本当です。

アルコールは「アルコール分解酵素」と「ミクロソームエタノール酸化系酵素」という酵素の働きで、分解されます。

お酒を飲み続けると、ミクロソームエタノール酸化系酵素は増えるため、アルコールの分解能力が高まることで、お酒に強くなるのです。

ただし、ミクロソームエタノール酸化系酵素は、アルコールを分解する酵素なので、もともとアルデヒドを分解できない体質の人が、いくらお酒をたくさん飲んでも、お酒に強くなることはできません。

最後に医師からアドバイス

「お酒を飲める、飲めない」は、遺伝的な体質で決まるものです。

くれぐれも飲めない人に無理をさせて飲ませたり、またご自身が飲めないのに無理して飲んだりしないように心がけましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

食欲増進、脂肪分解抑制…ダイエット中の上手な「アルコール」との付き合い方とは
お正月に増える、救急車の出動…正月ならではの思わぬ事故の原因とは?
急性アルコール中毒、その対処法&予防法は?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。