体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い出の“ウリドキ”はどこにある?〜ポケモンカードを売ってみた

エンタメ

最近は『艦これアーケード』にハマっています、ライターのけいろー(@Y_Yoshimune)と申します。

スキマ時間を見つけてはゲームセンターへ足を運び、待機列に並ぶ日々。いやー、まさか26歳になってまで、カードゲームにハマるとは思わなかったぜよ……(※『艦これアーケード』は、ゲーム筐体から“カード”が排出されるアーケードゲームです)。

 

ところで、「カードゲーム」と言えば、自分と同じく平成生まれの世代のみなさんのなかには、子供のころに遊んでいた人も多いのではないでしょうか。

『マジック:ザ・ギャザリング』に『遊☆戯☆王』、『ガンダムウォー』に『デュエル・マスターズ』などなど。1990年代後半、次々と登場したトレーディングカードゲームは日本男子の心をつかみ、数々のデュエリスt……もといプレイヤーを生み出してきました。

 
kids_cardgame

 

放課後になるとデッキケースとカードバインダーを引っ掴み、公園や友達の家に集まってプレイシートを広げ、対戦に交換に白熱した少年時代。

カードが折れ曲がろうが雨に濡れようが知ったこっちゃなく、とにかく自分のカードでもって遊ぶのが楽しかったことを覚えています(※のちに「スリーブ」の存在を知る)。

 

もちろん今でも現役のデュエリストは数多く存在し、老若男女を問わず大人気のカードゲーム。僕自身も子供のころは何種類かのトレーディングカードを集めており、公式大会へ出場するほどにハマっていたのですが、高校受験を機に引退。すっかりその存在を忘れていたのでした。

しかし、数年前のある日。引っ越しの荷物をまとめていたところ、押し入れの奥深くから“それ”が発掘されたのです。小学生当時、学校で流行していた『遊☆戯☆王』でなく、親戚の間で話題になっていた『デジモンカード』でもなく、自分が特にハマっていたカードゲーム。

 
IMG_1256

 

――それが、『ポケモンカードゲーム』です。

 

僕と『ポケモンカード』との出会い

IMG_1217

 

僕が『ポケモンカードゲーム』と出会ったのは、小学1年生のとき。ちょうど第1弾のスターターパック&拡張パックが発売されたころですね。

当時の自分はゲームボーイの『ポケットモンスター』を持っていなかったのですが、友達の家でプレイさせてもらったことで夢中になり、「ぼくもポケモンをやりたい!」と興味津々。同時に、まだ発売されたばかりの『ポケモンカード』の存在を知ったのでした。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会