ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ハート、メタリカのジェイムズをゲストに迎えたニューアルバムから全曲公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハート、メタリカのジェイムズをゲストに迎えたニューアルバムから全曲公開

 ロックの殿堂入りアーティストであるハートが7月8日に全米リリースする16thアルバム『Beautiful Broken』より、フル試聴音源が米ビルボードでプレミア公開されている。4年ぶりの新しい作品となる同作では、アン&ナンシー・ウィルソン姉妹作曲による新曲や、過去の曲を新たに再レコーディングした曲をフィーチャーしており、タイトルトラックではメタリカのジェイムズ・ヘットフィールドをゲスト・ボーカルに迎えている。

 ナンシー・ウィルソンはステートメントにて、「このレコードのサウンドには真の70’sフィーリングがあり、どの曲でもエモーションが核となっています。もう一度やりたいと思っていた曲をピックアップし、そこへ3曲の新曲を加えました。新しい曲でも過去の曲でも、我々が今までやってきたようにバンドと一緒に演奏しています。ハートお馴染みの形です」と述べている。

 再レコーディングした曲には、「City’s Burning」、「Down on Me」、「Sweet Darlin’」といったライブでもお馴染みの曲があるが、彼女達の希望どおりマイナーチェンジが施されている。アルバム『Passionworks』(1983年)、『Private Audition』(1982年)、『Bebe Le Strange』(1980年)からそれぞれ2曲を取り上げているほか、もともと前作『Fanatic』のボーナストラックだったタイトル曲「Beautiful Broken」では、ヘットフィールドによるボーカルと一部の新しい歌詞とともに、ほぼ新曲と言える仕上がりになっている。

 なお、ナンシー・ウィルソンとともに共同プロデューサーを務めたハートのベーシスト、ダン・ロスチャイルドによると、バンドのライブのフィーリングをスタジオで再現するのが目標だったとのことだ。「これらのクラシック・チューンでは、80年代特有のオーバー・プロダクションが施されてしまっていたので、我々はそれを剥がし、根底にある美しさを捜し出したのです」と語っている。

関連記事リンク(外部サイト)

Heart Returns with New Album ‘Beautiful Broken,’: Exclusive Premiere
ハートのアン・ウィルソン、64歳にして人生初の結婚
ハートがロックの殿堂入り、アン・ウィルソンが思いを語る

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。