ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

末期がんの医師・僧侶が解説 「最大多数の最大幸福」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2014年10月に最も進んだステージのすい臓がんが発見され、余命数か月であることを自覚している医師・僧侶の田中雅博氏による『週刊ポスト』での連載「いのちの苦しみが消える古典のことば」から、フランシス・ハッチソンの「最大多数の最大幸福」という言葉の意味を紹介する。

 * * *
 イギリスの哲学者・ジェレミ・ベンサムは「最大多数の最大幸福」という原則をイタリアの法学者・チェーザレ・ベッカリーアの著作から引用しました。ベッカリーアは『犯罪と刑罰』の最初の部分に「最大多数の最大幸福」という目標を示し、法律を作る際の原則としています。

 しかし「最大多数の最大幸福」という言葉は当時の啓蒙思想家達が共通して用いていたもので、ベッカリーアの創作ではありません。スコットランドの哲学者・フランシス・ハッチソン(1694~1746)の『徳の理念の起源探究』にある「徳は善の量であり、最大多数の最大幸福をもたらす行為が最善である」が最初のようです。

 ベッカリーアはモンテスキューを賞賛して司法権独立の必要性も書いていますが、彼に始まる理念としては「法律で規定されていないどんな刑罰をも科すことはできない」と罪刑法定主義を主張したことです。罪刑法定主義からの帰結として、後から制定された法律でそれ以前に犯した罪に刑罰を与えられないという「法の不遡及」の原則があります。

 しかし、「最大多数の最大幸福」という目標のためには、少数の人が犠牲になってもよいのでしょうか? これはベンサムも否定しています。しかし、これを否定する有力な根拠となる思想は、前回書いたようにジョン・スチュアート・ミル『自由論』の「自己決定権」です。そして、これを実社会で禁止したのが「ニュルンベルク綱領」です。

 第二次世界大戦中にナチスの医師が残虐な人体実験を行ないました。冷たい海に落ちた軍人を凍死から救うための低体温実験など、多数のドイツ国民の利益のために少数の被験者を犠牲にしたのでした。これを裁いたのが1946~49年に行なわれたニュルンベルク継続裁判です。

 ニュルンベルク裁判は、第二次世界大戦でのドイツの戦争犯罪を裁いた国際軍事裁判で、約1年で終了しました。しかし人体実験等の裁判は、占領していたアメリカが継続して行ないました。これがニュルンベルク継続裁判で、ナチスの医師4人が絞首刑の判決を受けました。そして人体実験を行なう上での倫理原則「ニュルンベルク綱領」が定められました。

 ニュルンベルク綱領は10項から成り、その最初が自発的同意という「自己決定権」の尊重です。罪刑法定主義に反しているように誤解されることもありますが、ナチスの医師たちは「人道に反する罪」として裁かれて死刑の判決を受けたのであり、ニュルンベルク綱領は、それ以後に行なわれる人体実験の倫理原則として定められたのでした。

 以来、「自己決定権」は生命倫理の基本原則になりましたが、「最大多数の最大幸福」という目標が依然として重要であることに変わりはありません。

●たなか・まさひろ/1946年、栃木県益子町の西明寺に生まれる。東京慈恵医科大学卒業後、国立がんセンターで研究所室長・病院内科医として勤務。 1990年に西明寺境内に入院・緩和ケアも行なう普門院診療所を建設、内科医、僧侶として患者と向き合う。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
末期がんの医師・僧侶が解説 「愚かな行ないをする権利」
キュートなシロクマが16万5000円のあの“高級品”を弄ぶ
TVでおなじみの米国人東大教授が邦人作家6人と対談した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP