ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

天皇皇后両陛下 お忍びで小学校の同窓会にご出席

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 およそ400人が集まったパーティー会場に美智子さまが姿をお見せになると、どこからともなく歓声がわき、拍手が巻き起こったという。

 6月19日、美智子さまはお忍びで如水会館(東京・千代田区)に足を運ばれた。同館最大のホールで行われた雙葉学園(東京・千代田区)の同窓会に出席されるためだ。

「雙葉学園は幼稚園から高校まである女子校で、美智子さまは小学校時代をこの学園で過ごされました。毎年6月頃に行われる同窓会は学年ごとではなく、美智子さまのように80才を超えたかたがたから、若くはこの3月に高校を卒業した10代まで卒業生が世代を超えて一堂に会する、いわゆる『OG会』。美智子さまはこれまでもお時間が合う限り参加されていて、昨年もお忍びでいらっしゃっていました」(雙葉学園OG)

 13時に始まったパーティーは、まずウーロン茶で乾杯。立食スタイルのテーブルにはサラダやパスタ、同館名物のカレーライスなどが運ばれた。

「旧友との再会がさぞ嬉しかったのか、美智子さまはお食事はそこそこに、会場の後方で同年代の友人に囲まれておしゃべりに花を咲かせていらっしゃいました。この日は普段、公務などで人前に出られるときのご様子とはまた違った、若き日に戻られたような笑顔を見せられていました。

 実は美智子さまのご希望もあり、お友達からは『美智子さん』、年下の参加者からは『美智子先輩』と呼ばれているんです。この日ばかりは『皇后』ではなくあくまでひとりの『卒業生』ということなのでしょう」(前出・OG)

 その日、美智子さまが滞在されたのは1時間ほど。会のクライマックスには、グランドピアノの伴奏とともに全員で校歌斉唱が行われ、美智子さまも懐かしい歌詞を口ずさまれていたという。

 それからちょうど1週間後の6月26日。学習院初等科(東京・新宿区)で行われた同窓会に、天皇陛下が出席された。

 学習院大学には卒業生の同窓会組織『桜友会』があるが、初等科に限った卒業生の会が設立されたのは今から3年前のこと。陛下は第3回となる今回が初のご出席で、ご卒業から約70年を経て初めて、小学校時代に回帰するひとときを過ごされた。

「この日の同窓会は3部構成。15時半頃に到着された陛下は、第3部に当たる懇親会に参加されました。会場である3階の食堂への階段を登られながら“懐かしいね。全然変わっていないね”と感慨深げに話されていたそうです」(学習院関係者)

 会場には、こちらも幅広い年齢層の卒業生約600人が集まり、陛下ご到着のアナウンスが流れると自然と人垣が割れ、道が開かれた。会場奥に席が用意されていたが、陛下は着席されることなく参加者たちと和やかに談笑された。

「陛下の同級生も10人ほど出席していたそうです。歓談中には当時が思い出されたのか“そうそう、そんなこともあったね”と楽しそうにお話しになっていました。その日、言葉を交わされた同窓生は100人ほどいたのではないでしょうか」(前出・学習院関係者)

 初等科時代から大学まで陛下の同級で、同窓会にも参加した元共同通信記者の橋本明氏が当時をこう振り返る。

「陛下は初等科の先生の言葉を心に刻まれていらっしゃるようでした。たとえば、国語の教科書に『サイタ サイタ サクラ ガ サイタ』と始まる一文があったのですが、先生から“心して、歌うように読みなさい。こんな美しい詩はない”と指導していただいた。それを陛下は今でもよく覚えていらっしゃいました。

 当時、熱心に読書をされている陛下にクラスメートが“何を読んでいるの?”と尋ねると“アンデルセンやグリム童話だよ”と教えてくださるわけです。お返しに私たちは冒険小説を貸してさしあげたりしたこともありました」

 陛下は、そんな充実した日々を思い起こされていたのだろう。楽しい時間はあっという間に過ぎ、1時間ほどで会場をあとにされた。当初の予定よりお帰りが10分ほど遅れてしまったことからも、陛下の名残惜しさが伝わってくる。

撮影■雑誌協会代表取材

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
被災地女性 美智子さまの「大丈夫ですよ」に奮起し店を再開
天皇皇后両陛下が私的旅行の訪問先に青森県を選ばれた理由は
訪英終えた天皇皇后両陛下のハードな日程に体調心配する声も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。