ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

免許返納したくない81才男性 原因はお気に入りの74才女性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化が進む日本社会。元気なお年寄りも増えているが、お年寄りであるがゆえの厄介なことも多い。東京都の専業主婦Kさん(76才)は、最近感情の起伏が激しい夫に困っているという。

 * * *
 これも年のせいなのかしら。夫(79才)は強気でゴリ押しするかと思えば、次の瞬間、急にイジケだすんです。

 この間もそう。自分がしまい忘れた腕時計を、「お前がどこかに置いて忘れたんだ」と言い張ります。しつこいのなんの。「あんないい時計はそうないぞ」と、口を開けば時計のこと。こっちだって意地でも捜し出し、「パパ、これは何? パパの目は節穴?」と言い返したくもなりますって。

 そうしたら、「ああ、どうせオレなんか、いなくなればいいんだろ。死ねばいいと思ってるんだろ」と半泣きするんですよ。面倒くさくなって、「そうね。死んだら?」と言ったら、飛びかかってきました。

 70過ぎて殴り合いのけんかをしている夫婦って、いますかね。

 * * *
 一方、山梨県で農業を営むTさん(80才)の夫は、妙なところで強情になっているというのだが…。Tさんが告白する。

 * * *
 車の免許を交番で返納できるようになったでしょ? その話が出るたび、夫(81才)は「オレが運転しなかったらみんな困る」と譲らないの。

 確かに数年前までは、未亡人ばかりの過疎の村で、夫の車は重宝されたのよ。でもトラックと接触事故を起こしてから慎重になって、車を動かすのは昼の数時間。

 腹が立つのは、それなのにご近所のお気に入りのK子さん(74才)の頼みだと、無理をして車を出すの。この間は、鼻歌を歌っているからおかしいと思ったら、K子さんとドライブをしていたんだから。

 問い詰めても、「なんの話だ?」と、おとぼけだか、本気のボケかわかんない。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
就活学生「貴」つければ丁寧になると思い面接官に「貴様」
人間関係に悩む41才男 お笑いDVD観て「芸人になる!」宣言
抜け毛男性 こっそりブラシで頭を叩いて地肌赤むけの逆効果

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。