体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【無料で楽しむ神奈川】浜っ子にとってもはや「横浜県」?港町神奈川の風情を0円で満喫する10選!

【無料で楽しむ神奈川】浜っ子にとってもはや「横浜県」?港町神奈川の風情を0円で満喫する10選! 神奈川

革ジャンリーゼントのロッカーから、孤高の私立探偵まで…。

誰しも知ってるあの人物たちの、活躍の舞台となった、港町横浜を誇る「神奈川県」。

今回じゃらん編集部では、そんな神奈川県を無料で楽しめるスポット10選をピックアップ!

「三日住めば浜っ子」と言われる懐深い県の魅力に、どっぷり浸かってみて。

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

山下公園

山下公園

昭和5(1930)年に開園した山下公園は、ベイブリッジや港を行き交う船の眺めがロマンチックな公園です。数多くの記念碑などがありますが、代表的なものは米サンディエゴ市から贈られた「水の守護神像」や童謡で馴染みの深い「赤い靴はいてた女の子の像」、かもめの水兵さんの歌碑などです。

\口コミ ピックアップ/

ベイエリアにある歴史のある公園です。夜は夜景がキレイです。昼間は天気の良い日に散歩するにはもってこいの場所です。色々な記念碑や銅像、勿論、氷川丸など見どころ多い場所です。

のんびりできて初めて行きましたが気に入りました。カップルにも家族連れにもよいと思います!中華街を歩いた足を休ませるのもちょうどいいし絶対行くべきです。 山下公園

住所/神奈川県横浜市中区山下町279

TEL/045-671-3648

「山下公園」の詳細はこちら

港の見える丘公園

港の見える丘公園

横浜のエキゾチックなイメージを代表する山手の丘の海側の顔ともいえ、公園からベイブリッジが望める絶好のロケーションとその名称から、横浜を代表する公園の一つとして人気は高く、山手の観光コースからは外せない存在となっています。春と秋にはローズガーデンが見事です。

\口コミ ピックアップ/

カップルでも家族でもおすすめ、のんびりできます。

名前の通り、高台になっている公園で、ベイブリッジが正面に見えます。中華街や山下公園方面からもアクセスしやすい場所にあります。丘の上に上がるのに坂や階段を登らなくてはならないのが少々大変ですが、高台からの眺めはここでしか味わえない良さがあります。

子供から大人まで多くの人がこの公園を利用していました。そして夜になると絶景の夜景スポットになり、カップルたちが多くなります。ライトアップされたベイブリッジがとても綺麗に見えます。 港の見える丘公園

住所/神奈川県横浜市中区山手町114

TEL/045-671-3648

「港の見える丘公園」の詳細はこちら

城ケ島

城ケ島

三浦半島の先端にあり,海蝕でけずられた崖は奇勝に富む。白秋の「城ケ島の雨」で知られ,碑がある。ウミウの飛来地でもある。(かながわの景勝50選の地)

\口コミ ピックアップ/

三浦半島の突端にある城ケ島は、横浜から1時間で行ける自然豊かな観光地です。城ケ島公園の展望台からぐるっと三方が海、富士山も眺められる景色、荒々しい地層や磯が特徴の海岸、昔からロケ地として使われている馬の背洞門と見どころ満載です。水仙やアジサイの季節は花もきれいですし、もちろん魚は美味しいです。

1 2 3次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。