ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

何でもありの競馬レース“パリオ”に熱狂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月2日、イタリアのシエナで「パリオ」が開催された。パリオは、毎年7月2日と8月16日に開催される地区対抗の競馬レースで、両日合わせて約5万人の見物客が詰めかける。

【もっと大きな画像や図表を見る】

パリオの特徴は、他馬の手綱を引っ張る以外のあらゆる行為や談合が認められていることだ。出走順の悪い騎手が買収を持ちかけたりするほか、レース中は騎手同士の鞭の打ち合いや押し倒しなど何でもあり。馬には鞍もついていないことから落馬や転倒も発生するが、騎手が落馬しても馬がトップでゴールすれば優勝となる。

サッカーよりも熱狂するといわれるこの「パリオ」。今回敗退した陣営や未出場のチームは、次回の8月16日に向けて闘志を燃やす。最新イベントの様子から、注目のファッションアイテム特集やセレブのプライベートショットまで、エンタメ情報を写真で楽しむならこちら。随時更新中!心揺さぶる瞬間をとらえた“一枚”を毎日お届けします
(R25編集部)

何でもありの競馬レース“パリオ”に熱狂はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

タマちゃん、わさお…思えば不思議な動物ブーム1位は
中国人「爆体験」意外な人気スポット
ホテルマン&競馬実況アナに聞く!名前を覚えるコツ
五輪でどうなる?「スポーツ中継のデータ表示」最前線
銀座の「熊本アンテナショップ」盛況「感動した」の声

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP