ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

立川談之助が桜井俊氏との「ちょいワル」メール交流を激白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 東大法学部を卒業し、総務事務次官まで務め上げた実務家。おまけに、息子は国民的アイドルグループ『嵐』のメンバー。そんなパーフェクトな肩書を持ち、“次期都知事候補No.1”として期待も高かった桜井俊氏(62才)だが、「家族に迷惑をかけるから」と出馬を固辞。しかしそれでも立候補の噂はなかなか消えなかった。そのワケは、彼の“同級生”を名乗る男性が連日テレビや新聞で「桜井が出る確率は5割」「あいつは頼まれたら断れない性格」と出馬をにおわせたことにもある…。

 彼の名は立川談之助(63才)。立川談志(享年75)が参議院議員だった時は私設秘書も務めた立川流の落語家だ。桜井氏と同じく群馬県前橋市出身で同級生だったそうだが、嵐ファンの女性たちからは、「ホントに友達だったの?」「友達ならベラベラしゃべらないと思う」と非難ごうごう。そもそも真面目一辺倒(に見える)な桜井氏と、談之助はあまりにもタイプが違いすぎる…。果たして2人はどんな関係だったのか、取材を申し込むと、あっさりOK。

「今回、あまりにもおれがあっちこっちでしゃべるもんだから、周りから“お前、まさか副知事狙ってるのか?”なんて言われたり(笑い)。家族は『いい友達もったなあ、取材もいっぱい来るし』だってさ」

 そう饒舌に語る談之助。テレビで言っていたように、9年間ずっと同じ学校だったというのは本当なのだろうか、本人に聞いてみると…。

「何言ってるんだよ。それはホント! 小学校から高校生まで、ず~っと同じ学校だったんだ。クラスは…1回くらい一緒になったかな。毎年クラス替えがあったからなあ。…ちょっと記憶は曖昧だなあ(笑い)」

──失礼ながらあまり同じクラスにならなかったならそんなに仲よくなかったのでは?

「いやいやいや! クラスを超えたグループってのがあったんだよ!“ちょいワル”ばっかり集まってさ、文化祭の後とかみんなで騒いで盛り上がって先生に怒られて…」

 談之助によると、この“ちょいワル”グループ、結束はかなり固く、今も年に2回は必ず当時の仲間15人くらいで飲み会をするのだという。

「連絡はもっぱら、メーリングリスト。“ちょいワル”おやじたちで何月何日に集まろうとか、今日誰か集まれないかとか、携帯メールやパソコンでやりとりしてるんです。桜井もまめに来るから年に2回、会って酒を飲む仲ですよ。写真だってあるんだから」

 そう言って送ってくれたのは、飲み会での桜井氏とのツーショット。どうやら友達というのは、本当だったらしい。今回の騒動で特別に連絡を取ることはなく、最近会ったのは今年のお正月。

「おれがこんなふうに取材に答えるのが嫌なら、“余計なこと言うな”ってメーリングリストに書くはずだけど、今のところ何もなし。そういうことを言うタイプでもないからね。息子と同じで歌好きだからか、飲み会の途中からはいつもカラオケモード(笑い)。周りは“嵐歌えよ”ってはやし立てるんだけど、一切耳を貸さずグループサウンズとか、歌いたい曲をどんどん入れていくよ」

 談之助の熱いコールもむなしく、出馬しなかった桜井氏に今、言いたいことは?

「頼まれたら断れない奴だけど、一仕事終えてのんびりしたいと言ってたからなあ…。ただ、おれとしてはぜひ出馬してほしい。当選したら4年間、ネタに使えるんだから(笑い)」

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
フジTV本田朋子アナが阿部慎之助に向けたとびっきりスマイル
藤原紀香 愛之助も出演する新ドラマで新米バスガイドに挑戦
「孤独死」桜井センリさん 人とのかかわり得意ではなかった

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP