ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大崎裕史氏が推薦 冷やし中華と冷たいラーメンの名店

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今年の夏は猛暑との噂。暑い夏には冷たい麺類が最高だ。「日本一ラーメンを食べた男」大崎裕史氏がオススメする冷やし中華&冷たいラーメンの名店を3店紹介しよう。

【麺場Voyage】
「ボヤモンドダスト 1000円」(9月末まで)
 ネギトロシャーベット、だしかき氷、炙り鶏モモチャーシューなど具が盛りだくさんで手間のかかる逸品に仕上がっている。

住所/東京都大田区蒲田4-18-1
営業時間/11:30~23:00

【きみの】
「冷製塩贅沢のせ 1000円」
 大山地鶏をベースに4種類の塩をブレンドしたスープ。生ハムやトマトが洋風を感じさせる。すだち汁を加えると清涼感が広がる。

住所/東京都新宿区神楽坂1-14-7東邦ビル1F
営業時間/([月~木]11:30~15:00/19:00~22:00 ※金は23:00まで/(土、祝日)11:30~15:00
日休

【鯛塩そば 灯花】
「冷やし鯛塩そば 980円」(8月上旬まで)
 宇和島産真鯛の旨味を抽出した冷製スープに鯛の香味油によるアクセント。乾燥梅肉をちらした鯛切り身のトッピングも嬉しい。

住所/東京都新宿区舟町12-13 石原ビル1F
営業時間/11:00~15:00/17:00~24:00

【プロフィール】おおさき・ひろし/福島県会津出身。(株)ラーメンデータバンク取締役会長。「ラーメン婚活」を企画監修。次回は7月21日に神奈川で開催予定。

撮影■岩本朗

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
濃い目のタレと細麺が絶妙に絡み合う王道・冷やし中華の逸品
話題の冷やし麺 「すだちそば」「パイナップルラーメン」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP