ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

9歳の男の子がお小遣いを貯めて100冊の本を寄付した先は・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

子どもながらの発想力と、機転の利かせ方、そしてその行動力にあっぱれ。米テネシー州の保安事務所を訪れ、緊張した面持ちで写真に写る9歳の少年。目の前には、首から下が見えなくなるほど積み上げられた本がありました。

刑務所の図書室に
本を届けたい

The Sheriff’s Office is very excited about the national spotlight this young man is recieving. Tyler Fugett… https://t.co/RAfZYteYKv

— MC Sheriff’s Office (@mcsotn) 2016年6月29日

この物語の主人公Tyler Fugettくんは、お手伝いで貯めたお金に自分のお小遣いを合わせ、100冊以上の本を購入しました。どれも自分のための本ではなく、ある場所に寄贈することが目的です。母のRebeccaさんとともに地元クラークスビルでセール中の本屋を回り、彼が自ら買い集めたのは、この町の刑務所で暮らす受刑者たちに読んでもらいたい本。

悪い考えが浮かんだときは
本を読むのが一番なんだ。

「悪い考えが頭に浮かんだとき、ボクは本を読むようにしているんだ。そうすれば、その考えもどっかに吹っ飛んじゃうからね。刑務所の中にいる人たちにも、いっぱい本を読んでもらいたい。だって本を読んでさえいれば、そこを出るまで悪いことなんて考えなくて済むはずだからね」。

これが、9歳の少年が寄贈を思いついた動機だということに、改めて驚かされます。自分のお小遣いををはたいてまで、ですよ。「彼に満足させられるような生活ができている訳じゃないけど、彼の好きなようにすればいい。だってとっても良いことをしているんだから」、とRebeccaさん。

じつはTylerくんにもまた、刑務所で過ごした経験のある親族がいることを、母は「ABC News」の取材に対し明かしています。彼の行動の背景に、この親族の経験が少なからずあったのでしょうね。

モンゴメリー郡保安事務所Sandra Brandon広報官の説明では、刑務所の図書は100%寄付でまかなわれているため、書籍を購入する予算はゼロ。Tylerくんの厚意に感謝し、ピカピカの保安官バッジを彼に贈ったそうです。

現在、次なる寄付として洗面用具をそろえ始めたTylerくん。もちろんこれも、刑務所の中で必要としている人たちのためだそう。

Reference:MC Sheriff’s Office,ABC News

関連記事リンク(外部サイト)

150人の子どもたちが答える「ウチのママが一番の理由」
本が好きなあなたに。こんな「ブックマーク」はいかが?
思わず心がほっこりする、妊婦あるある(イラスト7枚)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP