ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がものすごく増えた印象があります。

これは、同社がINDIEGOGOで資金調達に成功した「JETJAT ULTRA」。安価ですが、ドローンを“普段使い”したいと考えた時に、必要な機能がバランスよくまとまっています。

誰でも扱える
撮影用ドローン

5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)
5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)

手でポイッと投げれば、そのまま自動で空中に留まり、写真や動画が撮影できます。カメラは640×480(0.3メガピクセル)。スマホをセットして、撮影の視点を画面にライブストリーミングすることも。

操作はコントローラーで行い、データはWiFi経由でスマホに保存。SDカードは不要。
5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)

コントローラー中央に、本体が収納できるタイプ。
5000円台で予約できる、動画撮影可能な小型軽量ドローン。(7月6日時点)

タテ8.89cm(3.5 inch)×ヨコ7.87cm(3.1 inch)×高さ4.31cm(1.7 inch)と手のひらサイズで、重さは18グラム。一度に4〜5分の連続飛行ができ、25m先までコントロール可能。

サイズや画質、価格などに程度はあれど、様々なドローンがこれまで登場してきました。しかし、空撮ってまだまだ一般的ではありません。

その点、MOTA社の製品は、“老若男女、誰にでも扱えるもの”を目指していることもあり、気軽ながらも求めている機能が一通りシンプルにまとまっているところが魅力。セルフィーや記念撮影用に持ち歩く人が現れても不思議じゃなさそう。

7月6日時点では、9月発送分の早割なら、送料込み55ドル(約5,540円)から予約できます。通常販売する際には100ドルになる予定だとか。詳しくはコチラからチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Mota Group, Inc.

関連記事リンク(外部サイト)

約400時間かけて撮影した「星が誕生する場所」電気を消してゆっくりみたい
80歳の自分はなんて言うだろうか?Amazon創業者に学ぶ「決断」の極意
手術の傷跡を気にする8歳の息子 体を張った「パパの行動」に賞賛の嵐

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。