ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スクエニ、「ファイナルファンタジー VII」のAndroid版をリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スクウェア・エニックスは 7 月 7 日、世界累計出荷本数 1,100 万本以上の大ヒット RPG ゲーム「ファイナルファンタジー VII」の Android 版をリリースしました。価格は 1,800 円です。ファイナルファンタジー VII は、同社の PlayStation ゲーム第一弾として 1997 年に発売されたタイトルで、現在でも根強いファンが多く、関連作品の発売やリメイクの開発も行われています。PS 版の発売当時は、CD-ROM 3 枚組という異例のパッケージ構成を採用していましたが、今ではスマートフォンのアプリとして手軽にインストールできるようになりました。ただ、アプリの容量は 1.9GB と巨大で、少なくとも 4GB 以上の空き容量が推奨されています。Android 版ではタッチパネルのバーチャルコントローラーで操作する仕組みで、ボタンをカスタマイズすることもできます。また、敵と遭遇しないエンカウント機能を OFF にする設定と、いきなり最強になれるステータス MAX 機能も搭載しています。「FINAL FANTASY VII」(Google Ply ストア)

■関連記事
Anker Japan、aptX対応のBluetoothヘッドセット「Anker SoundBuds Sport IE20」を国内発売
Sony、PlayStatio VideoのAndroidアプリをv2.0にバージョンアップ、動画のダウンロード機能を追加
BlackBerry、Priv向けに7月の月例アップデートを配信開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。