ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

七夕にちなんだアノ食材で簡単ダイエット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

7月7日は七夕。織姫と彦星が年に1度だけ会えるというお話はロマンティック。そんなロマンティックな夜を迎える前に、私もキレイをみがかなきゃ……ということで、今回は七夕にちなんだ食材を使った簡単ダイエットをご紹介。七夕の行事食ってあまり知られていませんが、実は七夕にはそうめんを食べる慣わしがあるのです。これは中国のから伝わったもので、日本では平安時代から行われています。そこで、現代では7月7日がそうめんの日ということにもなっています。

“そうめんダイエット”ってどんなダイエット?

食欲が落ちる夏の定番料理と言えばそうめんですよね。そうめんダイエットは、ご飯やパンの代わりにそうめんを食べるという簡単なもの。そうめんは小麦粉と水を練ったもの。ご飯1食分が200kcalなのに比べ、そうめんは1食350kcalと、決してそうめんのカロリーが低いわけではありません。なぜ、そうめんを食べることがダイエットになるかというと、それはそうめんを食べる時はそうめんしか食べないから。そうめんと一緒にガッツリとした油物を食べるって想像できないですよね。また、そうめんだと水分を取りやすく満腹感を感じやすいというのもそうめんがダイエットに適している理由です。

“そうめんダイエット”の正しいやり方は?

そうめんダイエットは、1日1食~2食をそうめんに置き換えるだけの簡単なダイエット。そうめんを食べる時は、おかずはあまり食べないと思いますが、そうめんダイエットなので意識して控えます。一方、栄養の偏りには注意が必要。3食ともそうめんに置き換えてしまうと、栄養不足になってしまう危険があるので、多くても1日2食までにしておきましょう。また、そうめんはツルツルといくらでも食べれてしまいますが、食べ過ぎてカロリーオーバーにならないように、必ず1食に1食分だけ食べるようにします。冷たいそうめんは代謝が下がってしまうので、できれば暖かいそうめんがおススメです。

栄養の偏りは薬味で調整! おススメの薬味は?

そうめんダイエットで心配なのは、栄養バランスが崩れてしまうこと。栄養不足にならないように、薬味を工夫しましょう。薬味の定番、ネギには脂肪の燃焼を促進するアリシンが含まれていて、ダイエットにも効果的。生姜には体を温める効果があり、代謝を高めることができます。ゴマも薬味の定番ですが、ゴマには肝臓に溜まった脂肪を燃焼させる効果があるのです。これらの定番薬味に加えて、とろろや大葉などもおススメですし、たまには鶏ささみや卵をトッピングしてもいいですよね。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP