ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「○○頑張れ!」と投票用紙に記入すると、無効になる可能性あり?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 そろそろ選挙の声が聞こえてきた昨今。

 さて、投票用紙に候補者を応援する意味で、○○頑張れ!と候補者名と応援メッセージを書き添えば場合、無効票になる可能性はあるでしょうか?

(1)無効票になる可能性がある
(2)候補者名が判別できるので、無効票にはならない

A.

正解(1)無効票になる可能性がある

 公職選挙法の68条1項6号において「候補者の氏名ほか、他事を記載したもの」は無効票として扱われる旨が規定されています。
 どれだけ応援していても、候補者名だけの記載にとどめておかないと、無効となる可能性があります。

 ちなみに、他事とは言っても、敬称などの記載はセーフとする扱いが同号に規定されています。

元記事

「○○頑張れ!」と投票用紙に記入すると、無効になる可能性あり?

関連情報

改正公選法成立後、初の国政選挙間もなく!(今週の話題 ~法律はこう斬る!)
会社で期日前投票等を強要される(なっとく法律相談)
「談話」に法的拘束力はあるの?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。