ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏の浴衣がもっとかわいくなる♪浴衣メイクテク

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夏の浴衣がもっとかわいくなる♪浴衣メイクテク

夏は浴衣のシーズン♪ぴったり合うメイクとは?

夏は浴衣のシーズン♪ぴったり合うメイクとは?

夏といえば、夏祭りに花火大会!
やっぱりそんな日ぐらいは浴衣を着たいですよね?
今回はそんな浴衣の際に使えるメイクテクをご紹介します!

 

ベースメイク&目元のポイント!

ベースメイク&目元のポイント!

【ベースメイクはいつもより少し白めに!】
浴衣は、本来はお風呂上がりに着るものだったので、お肌はツヤ感を演出するとぴったり。
また、こういった和装の場合は、少しだけお肌を白く塗ると合います。
その時に注意するのは、首の色と違いすぎないようにすること!
首やうなじにまでファンデーションを塗ると、顔だけ浮くということはないです。
ファンデーションをベッタリ塗りすぎて透明感を損なうのもNGです!
【目元はすっきり涼しげに!】
浴衣の時には、つけまつ毛や度を越したバサバサのまつ毛エクステ、たっぷり塗りすぎたマスカラや濃いアイシャドウ、太いアイライナーは重苦しくなります。
アイシャドウはワンカラーでさりげなくグラデーションを作り、まつ毛もすっきりさせ、アイライナーはまつ毛の隙間を埋める程度で、涼しげな目元を演出するのがベター。

 

チークは高めに、リップより目立たせないのがポイント!

チークは高めに、リップより目立たせないのがポイント!

【チークよりもリップを主役に!】
チークも少し火照ったように入れるのですが、お顔が真っ赤にならないように注意です。
それよりも、リップを主役にしてみてください。
さらにお肌に透明感が生まれ、色気もアップ♪
浴衣を着て血色がないとお化けのように見えてしまいますし、ガサガサな唇なんてもってのほかです!
唇で品のある色気を醸し出しましょう。
【チークの位置は高めに!】
和装の時はチークは高めに入れるのがポイント。
舞妓さんも高めの位置に入っていますよね♪
艶感を残しつつ、自然に火照った感じを演出するなら、リキッドチーク(クリームチーク)がオススメです。
その場合はファンデーションを塗った後、フェイスパウダーを乗せる前に仕込んでおきましょう。
お衣装や季節、こういったTPOに合わせてメイクも分けて楽しんでみてくださいね♪

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。