ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅のゴキブリ 人間が外から連れてくるケースが多い

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 女性セブン読者1465人を対象にアンケートをとったところ、「ゴキブリは年に数回見る程度」、「全く見ない」というかたが約5割を占めた。それならひと安心と思いきや、「遭遇しないのはたまたま。私たちが寝ている間に活動しているんです」と、ゴキブリ研究の第一人者・青木皐さん。寒い冬はおとなしくしていた“奴ら”も、気温が15℃を超え、暖かくなると活動を再開。さらに卵が孵化し始め…。

 ゴキブリを“見ない”のは、“いない”からではない、と前出の青木さんは力説する(「」内、以下同)。

「ゴキブリは夜行性。天敵の人間がいなくなってから、ひょっこり出てくるのです」

 そもそも、奴らはどこからやってくるのか?

「マンションの高層階だから安心と思ったら大間違い。窓から自力で入ってくるより、“人間が外から連れてくる”ケースが多い。例えば、買ってきた観葉植物には、鉢の底面や土などに卵や幼虫がくっついていることがあります。また、宅配便の段ボール箱や、私たちのかばんや服に潜んでやってくるのです」

 飲食店で、かばんをかごに入れたり、ジャケットをハンガーにかけておくことは、誰しもよくあるはずだ。その時に忍び込むのだという。幼虫の体長は5mm前後なので、なかなか気づけない。

 家に“住む”ゴキブリには大別してクロゴキブリとチャバネゴキブリがいる。前者は体長3cm前後、後者は1.5cm前後。約1cmの隙間があればどこにでも入り込める。チャバネゴキブリに至っては、わずか3mmの隙間さえ通り抜けられるという(ライオン調べ)。

 見事、家に入り込んだゴキブリは、人目につかないよう、狭い隙間をくぐり抜け、まず水回りに向かう。

「ゴキブリは湿気が大好き。まずは、流しやお風呂場など水気のある場所に行きます。そして水分補給をしたら、居心地のいい場所に移動し、身を潜めます」

 居心地のいい場所、それは、暗くて狭くて暖かい場所だ。

「狭い隙間なら、ゴキブリが嫌いな風に当たらない。ですから、テレビや電話といった家電の中や裏、段ボールは、彼らの理想的な“家”になります」

 さらに、住処を見つけると、集合フェロモンを出し、仲間を寄せ集めて群生する。

「みんなで体を寄せ合っていれば、保温・保湿効果が高い上、パートナーとの出会いがあり、出産もできますからね」

 奴らに出て行ってもらうには、風通しをよくすることが大切だ。

※女性セブン2016年7月21日号

【関連記事】
反射神経発達のゴキブリ 人間に当てはめると時速170kmにも
秋のゴキブリ対策 家具と壁を15mm空け柑橘系の果物を置く
妻がゴキブリを掃除機で吸い取ろうとして夫婦ゲンカに発展

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。