ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台湾の新駐日代表「私の派遣は台日関係への重視の証明です」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近頃とみに日本と台湾の関係が深まっている。その台湾に誕生した蔡英文・新政権が、サプライズの人事を発表した。首相にあたる行政院長の経験者で、2008年には民進党を代表して総統候補にもなった謝長廷氏(70)を、駐日代表に任命した。台湾の駐日代表としては過去最高ランクの人事だ。その謝氏に日本赴任直前の台北で、ジャーナリストの野嶋剛氏が独占インタビューを行った。

 * * *
 2008年の総統選で新聞社の台北特派員だった私は、謝氏に密着し、しばしば台湾新幹線で待ち伏せして一緒に移動し、選挙の内情を教えてもらったものだ。

 あれから8年、コンタクトは続けてきたが、当時と比べて表情はだいぶ優しく、柔らかになった気がする。なかなか本音をつかませない日本のベテラン政治家にも通じる漫談のような話しぶりは相変わらずだ。

 謝氏は日本語が達者だが、生まれたのは戦後の1946年。文部省の奨学金を得て京都大学で4年間法哲学を学んだ。そのことが、台湾で後に謝氏が民主運動に関わる出発点になったという。

「日本留学では日本の規律、勤勉、効率、遠慮などいろいろな概念を学びました。特に影響を受けたのはやはり法律。法律は政治のコントロールを受けない。統治者の道具ではない。法律は人民のために存在する。弱い者は法律があるから強い者にも勝てる可能性がある。そういう思想に影響され、台湾に戻ったあと、国民党の専制政治と闘う動機にもなりました」

 留学時は、京都の名刹・南禅寺のそばのアパートに住み、日々、インスタントラーメンをすすったという。帰国後は台湾政界で民進党の中核として活躍。今年1月の総統選でも党の重鎮として蔡英文政権の誕生に貢献した。

 その謝氏の派遣に蔡英文総統はどんなメッセージを込めたのか。

「私の派遣は台日関係に対する民進党の重視の証明です。蔡英文総統が私に伝えたことも、台日関係は非常に大切であり、安定すべきであるという考えで、私もまったく同感です。

 特に東日本大震災のあと、台日関係では特に民間の感情面で好ましい変化がありました。お互いの震災のたびに心を寄せ、支援を申し出ています。この流れを止めてはいけないと考えています」

 この取材の直後に日本へ赴任し、同じ民進党の陳菊・高雄市長、頼清徳・台南市長の被災地の熊本訪問にあわせて、謝氏も荷物をほどく間もなく熊本に飛ぶことになっていた。取材前後にも慌ただしく党内で打ち合わせを重ね、訪日準備に忙殺されていた謝氏。日台関係のくだりではぐっと身を乗り出した。

「日本も台湾もお互いを大切なパートナーと位置づけています。私はさらにこの関係が『運命共同体』に近づくべきだと考えています。経済だけをみれば台湾は中国とも深い関係です。しかし、日本とは単なる経済的なパートナーではなく、もっと深い人と人の情のようなものがあります」

「震災の支援は『善意の循環』です。1999年の台湾大地震、2011年の東日本大震災、今年は日本が台南の震災を助けてくれた姿に私も大変感動しました。誰かがやれと命じたものではなく、自然に積み重なったもので、だからこそ大切なのです。この好循環をさらに常態化させたいと思っています」

【PROFILE】謝長廷/1946年、台北市に生まれる。台湾大学法学部で在学中に司法試験に合格し、京都大学に留学。帰国後弁護士となり、民主化運動の起点となった美麗島事件を担当し、政治に関わり始める。台北市議を経て、民進党創設メンバーの一人となった。立法委員、高雄市長、民進党主席などを経て、陳水扁政権の行政院長に就任。2008年には総統候補として出馬したが馬英九に敗北。党内では自分の派閥を抱え、隠然たる影響力を持つ。2012年には訪中するなど中国ともパイプがある。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
台湾総統選前日「家の戸開けると買収歓迎」一票3000~9000円
金美齢氏 総統選後の馬英九氏「台湾は中国の一部」宣言懸念
金美齢氏 馬英九政権続けば台湾は中国に吸収との危惧広まる

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP