ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「がん遺伝子診断外来」開設で最適な抗がん剤治療が可能に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ヒトの体は、約37兆個の細胞で構成されており、細胞は周囲の状況に応じて増えたり、増殖をやめたりしている。こうした過程で、細胞の遺伝子に、いくつか傷がついて変異することがある。がんは、この変異が多段階で複数の遺伝子で起こり、それが積み重なることで発症する。

 遺伝子検査は、最適な抗がん剤を見つけるために実施する。現在、抗がん剤は、がんが発生した場所(がん種)や、組織型(腺がんや扁平上皮など)に基づいて治療薬が選択されている。また保険も、がん種に応じて適用が規定されている。ところが、抗がん剤は同じがんでも人によっては効果がある時と、そうでない場合があるのだ。

 北海道大学病院がん遺伝子診断部の西原広史統括マネージャーに話を聞いた。

「がんには、それぞれ個性があります。その個性を決めているのが、がん細胞の遺伝子の異常です。この遺伝子の異常は人によって違い、それがわかれば、最適な抗がん剤で効果的な治療が可能となります。このために実施するのが、がん遺伝子診断です。北大病院では、この4月から患者さんの医療サービスとして、がん遺伝子診断外来を開設し、検査を始めました」

 北大病院では、2年前から患者の組織や細胞、血液などを保管するバイオバンクをスタートさせている。クリニカルバイオバンクというコンセプトで、研究だけでなく臨床現場でも治療に生かす目的で実施している。バイオバンク運営で培われた細胞保存や、解析技術などからオリジナルのがん遺伝子検査システムを作り上げた。このシステムは、クラーク検査と名付けられ、複数の遺伝子変化を網羅的に検査できるのが特徴だ。

 1個の細胞内に30億の塩基対があり、推定されるヒトの全遺伝子数は、約2万5000個だ。そのうち、がんに関連する重要な遺伝子は、20~400個と推計されている。実は、がん遺伝子に異常が起こると異常な機能をもつタンパク質が、がん細胞内に産生される。これらの機能を抑えることで、がんを治療するのが分子標的治療薬だ。

「すでに分子標的薬が適応かどうかを調べるために、多くの医療施設で遺伝子検査が行なわれています。例えば、大腸がんなどの分子標的薬である抗EGFR抗体薬は、K-ras遺伝子が変異していると効きません。そこでK-rasの12番と13番のコドン(塩基配列)だけを検査して薬の適用を決めてます。クラーク検査は、K-ras遺伝子の188あるアミノ酸を網羅的に検査し、それ以外の変異についても確認します」(西原統括マネージャー)

 クラーク検査は、検査対象の遺伝子数が24と160の2種類ある。現在、日本で使われている分子標的薬は約60種で、この60の標的になっている遺伝子は25~30といわれている。つまり、160の遺伝子を調べれば、十分に対応可能ということになるのだ。

■取材・構成/岩城レイ子

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
がんを抑制するREIC遺伝子でほとんどの腫瘍が完全に消滅
女性に人気の肥満遺伝子検査 太る原因や痩せる方法もわかる
先天性の遺伝でがん発症する人 全患者の5~10%に過ぎない

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP