ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きっと、何かを見逃してしまう「写真」です

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマホサイズで情報伝達できてしまう功罪のひとつが、なんでもスワイプ、スクロールしてサクサク次の情報へと進んでしまうスピード感。必要な情報がないと分かれば、とにかく親指の動きが早い早い。

でもね、そこに落とし穴が潜んでいることも。たった4枚のフォトインスタレーションですが、解釈次第ではこれが見ごたえ十分なのですよ。

何がリアルか?よりも、
何がリアルに見えるのか




ほら、スクロールなんてほんの一瞬。では今の4つの作品、ディテールまで思い出すことができますか?バイクにまたがっていたカップル、何をタイヤに見立てていたでしょう?

これらは、ドローンによる空撮ではなく、クレーンにカメラを固定して俯瞰で撮影されたものだそう。案外、「もう5センチ足を前に出して」みたいな緻密なやりとりが、ビックリするくらい繰り返されていたりして。でも、見るのは一瞬。

この作品に限らずですが、どこに「気づき」を見つけ、どう「解釈」するか。そんな楽しみ方も悪くないですよ。

では、改めてどうぞ。

01.

02.

03.

04.

ちなみに、一連の作品のタイトル「OCN」は、「Of Course Not(ありえない)」の意。ちょっと、マネしてみたくなる作品でした。

Licensed material used with permission by Sébastien Staub

関連記事リンク(外部サイト)

イギリスの写真家が出会った、世界の「少数民族」
「風刺漫画」に見るSNS依存症。本当のつながりって、なに?
ゴッホやピカソ、北斎まで 有名な絵画のように写真を加工できるアプリ「Prisma」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP