ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【食べて検証】スイスの四つ星ホテル「Helmhaus」の朝食は美味しいのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスのホテルやホステルは、その星の数を問わず、朝食にビュッフェが楽しめる物件が多い。実際ホテルの星の数の違いは、メニューにどこまで反映されるか? …サーチしました。今回はちょっぴりリッチな四つ星ホテル編。

・頑張れば手が届く?! 狙いめの四つ星
「スイスは物価が高い」。それはたしかに、間違いない。実際に星の数が少なくても、快適なホテルがスイスには少なくないので、ゲストハウスで住ませるのも旅のやり方の一つ。ただ、せっかくだから1泊くらいは、いいホテルにも泊まりたいところ。

スイスの四つ星クラスは五ツ星には及ばぬものの、ハイレベルなサービスを受けられる。朝食にも同じ事がいえそうだ。今回はチューリッヒとベルンにある、2件の四つ星ホテルをたずねた。

・まずは空港に近いチューリッヒ旧市街真ん中の「Helmhaus」へ
空港もある国際都市チューリッヒは、町の中心をリマト川が二分する。その東側が旧市街といわれ、聖母聖堂や美術館はもちろん、クラブやバーなどナイトシーンを彩る物件も多いエリアだ。

その南部周辺にある「helmhaus」の朝食ビュッフェを食べてみた。

・国際不問のスタイリッシュなモーニング
パンはライ麦パンやクロワッサン、ベーグルと国際色豊か(さすがチューリッヒ)。果物は3~4種、生野菜はトマトと胡瓜の輪切りが並ぶ。ホットミールはベーコンとスクランブルエッグの2種。これにソーセージや肉の小さなステーキなども見られる五ツ星を思い出すも、これが星の数の差と思えば、気にするほどでもない。

ビュッフェ台に並ぶメニューの量は上品で、かつレストランのスタッフは厨房からなかなか出てこず、他の宿泊客の取り分を思うと、ちょっぴり取る量も遠慮する。が、味としては申し分なかったです。ごちそうさまでした!

・Bern中心部から10分、住宅地内の「Ambassador & Spa」モーニング
場所は変わって、歴史都市Bern。ここはスパやフィットネス設備も充実したホテルで、中国人観光客はじめ海外からの団体旅行者が目立った。

さていざ実食。パンはやわらかな食パンのようなものと黒パンの2~3種。果物も2~3種で、チーズは四つ星で多い5種程度。ホットミールはZurichでも見たスクランブルエッグとベーコンに加え、ソーセージもあった。

素材そのもののシンプルなメニューが多いため、間違いなく美味しい。
だが正直、パンはかなり素朴(街中のCoopでもこの美味しさのものは手に入る)チーズも、いろんな観光客が取った後チーズケースのふたが開けっぱなしにすることもあってか、かなり表面が乾燥していた(五ツ星だと、ギャルソンが即座に気付き即刻閉めていた)

ただホットミールがあることで、満足感はずいぶん高い。温かい朝食を当たり前のようにいただけるのは四ツ星までだ。ありがたく味わいたい。

もっと詳しく読む: スイス四つ星ホテル「Helmhaus」の朝食(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/06/19/helmhaus/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。