ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ZABADAKの吉良知彦氏が逝去

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ZABADAK 吉良知彦氏(Vo.,Gt.)が7月3日に亡くなった。56歳だった。6日ZABADAKのオフィシャルホームページで発表された。

吉良知彦氏は、今年3月のzabadak30周年記念コンサートの際に第1部を終えたところで体調を崩し、第2部から本人不在のままゲスト・ミュージシャンらが繰り広げた魂の熱演は彼の楽曲のみでも人を感動させることができることを証明した。

その後、1ヶ月程療養していたが、5月末からの京都、神戸、名古屋、山梨ツアーも完遂して復帰、秋には吉良知彦本人の企画で「ギターと鈴と譜面台と私」と銘打った関西と東北ツアーなども決定し、本格始動に向けて意欲的に準備していたようだ。今後については未定とのこと。

小峰公子氏は「私達にとって、皆さまの応援は、どんなに心強かったことでしょう。吉良知彦が去っても、zabadakの音楽がこれまでと変わらずに、皆さまのなかに生き続けることを心から願っています。」とコメントしている。

葬儀は親族と近親者のみで執り行われたとのことで、8月7日都内にてお別れの会の開催を予定しているようだ。

ZABADAK プロフィール
1986年東芝EMIより3人組としてデビューするが翌年に松田克志が脱退、以後93年まで吉良知彦と上野洋子のスーパー・ユニットとしてアイルランド音楽などを取り入れた独自のファンタジックな音楽世界を確立した。2人はCM、アニメ音楽でも高い人気を得、多くのフォロワーを生んだ。その後長い間のソロ活動の中では演劇(キャラメルボックス)音楽も担当、2011年からは吉良の妻で作詞、ヴォーカルの小峰公子が正式に加入、再びデュオ・ユニットとして活動してきた。代表作は「遠い音楽」「桜」(MMG)など。

関連リンク

ZABADAK OFFICIAL SITEhttp://www.zabadak.net/
ZABADAK OFFICIAL Twitterhttps://twitter.com/zabadakofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP