ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

卵管造影検査、痛いの?怖いの?…チューブを挿入したままエレベーター移動って!? by ゆうひまほ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

お医者さんから、卵管造影検査した方が良い、と言われた前回。 前回のエピソード:ひねくれ、ふてくされて5年経過。重い腰を上げて神先生に出会った、と思ったら発覚した問題

それ以来、卵管造影検査についてインターネットで調べる日々…。

いろいろな情報がある中で、多かったのが「痛い」という感想でした。

わたしは痛みには強いほうですが、「痛い」と言われているものを「すすんでやりたい」とは思わないので、出来れば避けたいと思っていました。

しかし、信頼する先生が「癒着の可能性があるので、できれば早く受けた方が良いと思います」と仰ったので、思い切って受けることにしました。

すると、先生が「うちで受けるので良いですか?」と…

「は、はい?」

私が驚いて聞き返すと、先生は申し訳なさそうに「実はうちにはレントゲン施設が無いので、他のフロアの内科で受けることになるんです。」とおっしゃいました。

「なんだ、そんなことですか。大丈夫です。こちらで受けます。」

と私はあっさりと決めてしまいましたが…

先生の説明によると、

「子宮に造影剤を入れるためのチューブを挿入して、造影剤を注入してレントゲンを撮る」

つまり、この病院でこの検査を受けるなら、婦人科でバルーンを入れる処置をしてから、エントランスを出てエレベーターに乗り、上の階の内科へ行きレントゲン室で検査をして、また婦人科へ戻る…

…ということになるのです。

先生も申し訳なさそうに説明なさっていたので、こちらもあまり気にしてない感じを装ってしまいましたが、内心は「バルーンを入れて移動」という点にかなり動揺していたのでした。

造影検査は生理が終わってからの数日で行うので、「次に生理が来たら」というお約束をして帰りました。

それから約二週間、「生理が来たらバルーン入れて移動」が私の頭を占領したのでした…。

ゆうひまほさんの人気記事:30歳、そろそろ子どもが欲しい!病院に行ってみた結果ひどい目に…

著者:ゆうひまほ

年齢:アラフォー

子どもの年齢:1歳

36歳で妊娠出産、現在元気いっぱいな一歳男児を必死で育てています。広島を愛するアニソンヲタなミーハー主婦。

イラストだけでなく、手芸やDIYも好きな、「なんでもとりあえず自分でやってみる」派です。現在はそれらに没頭する時間が無いのが悩み。

ブログ:よいやさのゆっちサン

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

低AMHで落ち込んでからのスタート!
子宮卵管造影検査
2度の卵管造影後に妊娠

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP