ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【息を飲む動画】コレが、「天の川」のなかで星々が誕生する領域

DATE:
  • ガジェット通信を≫

超精細な天の川銀河の画像を400時間かけて撮影した、幻想的な映像を紹介します。夜空にかかるものとはまるで別の姿。電気を消して、しばし銀河へと想いを馳せてみてはいかがでしょう?

星が生まれる場所は
こんなにも美しかった

北半球に位置する欧州では、当然ながら南天を観測することはできません。そのため、欧州諸国は共同で南天の観測を目的とした天文台(ヨーロッパ南天天文台・ESO)を、南米チリのアタカマ地方標高約5,000メートルの地点に設置し、これまで調査を実施してきました。

銀河系の星が生まれるエリアを広域で探査するプロジェクト「ATLASGAL」を続けてきたESOが、2016年2月に発表し話題となりました。

いま、七夕シーズンに改めて実際の夜空と見比べてみることで、直径12メートルのサブミリ波望遠鏡が捉えた天の川の様子は、肉眼で見えるそれとはまるで違っていることが分かるはず。

銀河に浮かぶ塵やガスの
分布図が完成した


この望遠鏡が捉えるのは、電波と赤外線の間とされるサブミリメートル波(波長が0.1〜1ミリ程度で周波数300〜3,000GHzの電波)という、超精細な世界。

これにより、銀河に浮かぶ塵やガスの分布を視認することに成功。これまで約10年に及ぶ調査結果をもとに、NASAや欧州宇宙機関(ESA)の観測データを統合させて、今回の分布図作成に至ったようです。

「地球が位置する銀河の中で、星が形成される範囲を初めて発見することができた。これでガスの塊の大きさなど、この領域の特徴についてさらなる研究が進められるだろう」、というESOの専門家Leonardo Testi氏の見解をCNNが報じています。

見上げた夜空にかかる天の川。その星と星のあいだ、肉眼で見ることができない何万光年はるか宇宙が、また少し解明されようとしています。

Reference:CNN
Licensed material used with permission by ESO

関連記事リンク(外部サイト)

Amazon創業者ジェフ・ベゾスに学ぶ「決断の極意」
手術の傷跡を気にする8歳の息子 体を張った「パパの行動」に賞賛の嵐
今日は「人生最後の日」。あなたは、家族とどう過ごしますか?(動画あり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP