ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

サヨナラ、毒素くん。手軽にできる「デトックス」でリフレッシュしよう!

  • ガジェット通信を≫


「デトックス」という言葉は随分と一般的に使われるようになりましたが、みなさん、デトックスしていますか?

今回は、日常で簡単にできるデトックスと、その効果について医師に解説していただきました。

そもそもデトックスってなんですか?

デトックスとは解毒のことを指し、体内にたまった毒素や老廃物を取り除くことをいいます。

本来アルコール依存症や覚せい剤などの薬物依存症患者で、原因薬物を体から出す治療のことを意味していましたが、現代社会にあふれる有害化学物質や体内での活性酸素などを排出することも意味するようになり、ダイエットや美容と結びつけて考えられるようになりました。

デトックスにはどんな種類がありますか?

主に以下のような方法があります。

・食事

・発汗促進

・運動

・サプリメント

・排便管理

・キレート剤投与

キレート剤とは、薬物中毒、化学薬品の誤飲などによる中毒に用いられる、EDTAや活性炭などの物質です。

デトックスにはどのような効果がありますか?

疲れやすい、だるい、意欲がないなどの体調不良が改善され、ダイエット効果があるとされています。

活性酸素を排出することで動脈硬化にも効果がある可能性がありますが、十分な科学的根拠がないとする意見もあります。

日常でできるデトックス方法はありますか?

・意識して野菜をとる

玉ねぎ、にんにく、ネギ、ニラなどネギの仲間や、ホウレンソウなどの野菜類が効果的です。

・良質の水分をたくさん取る

尿や汗をしっかり出すことができます。

・汗をかく

運動以外でも岩盤浴、半身浴、サウナなどが効果的です。

・新陳代謝を高め血流を良くする

ヨガやマッサージ、ウォーキングなどが効果的です。

・サプリを飲む

グルタチオン、カルニチン、亜鉛、クエン酸などのサプリメントも販売されています。

・オイルをとる

毒素の多くは便から排出されるので、食物繊維や良質のオイルを取ることで排便を促し腸内環境を整えることも重要です。

日常でできるデトックス方法の注意点は?

十分に根拠がない商品もありますので、デトックス効果をうたう商品を利用するときは、どのようなデータに基づいた商品なのか、値段に見合う価値があるかどうかを検討しましょう。

病院で投薬や治療を受けている場合、デトックスをおこなってよいか医師に確認してください。腎臓や心臓の病気では水分量に制限があることもあります。

また、糖尿病のある時期では運動をするのが望ましくないこともありますし、サプリメントの中には処方薬との飲み合わせが問題になるものもあるので注意しましょう。

医師からのアドバイス

現代社会には重金属、環境ホルモンなど有害物質が多く存在します。なるべく体に入れないことが重要ですが、原因不明の不快な症状が続く場合、デトックスを考えてもよいかもしれません。

ご自分に合った方法で、無理なく気持ちよく行える方法があれば生活に取り入れてみてくださいね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

アンチエイジングには血管の若返りから!血管を錆びつかせない3つのコツ
健康診断で中性脂肪が多いと言われたらどんなリスクがある?
まぶたにコブ、耳にシワ…これって動脈硬化のサインかも!?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP