ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

話題のイベント「ジブリの大博覧会」をレポート! スタジオジブリの30年間を六本木で体感

DATE:
  • ガジェット通信を≫


7月7日(木)よりスタートするこの夏、話題の展覧会『ジブリの大博覧会 ~ナウシカから最新作「レッドタートル」まで~』。スタジオジブリの汗と涙の30年間の歩みを体感できるスペシャルイベントだ。今回は、このイベントが気になる人の為に、一足先に展覧会の中身をレポートしちゃいます!
 

まず入り口を進むと、そこにはスタジオジブリの歴代作品のポスターがズラリと並ぶ! 会場は海抜250mの天空フロアで気分はまさにラピュタ!
 

一番始めに現れるのは、9月17日(土)に公開されるスタジオジブリ最新作「レッドタートル ある島の物語」の展示ゾーン。「レッドタートル」のラフや、インスピレーションを受けた芸術作品などが展示されており、このゾーンを抜けると、きっとこの映画を劇場で見たくなるはず。
 

続いてのゾーン入り口を進んだ先には、トトロが! バーのような空間には、この大きなトトロの他にも、様々な作品のオブジェが飾られており、色んな発見が出来るよ。
 


“まっくろくろすけ”もどこかにいるので探してみて!

そして、いよいよ歴代ジブリ作品の貴重な資料が並ぶエリアに。作品公開順に、当時の宣伝ポスターやラフ、タイトルデザイン案など今では見ることできないようなモノが所狭しと壁に飾られている。沢山の展示物を見れば、ジブリファンのみならず、興奮すること間違いなし!
 

スタジオジブリのプロデューサーである鈴木敏夫氏の作業机も完全再現。その他にも、「もののけ姫」が作られるまでの過程や、今までのグッズなどが展示されている。
 

 

展示を抜けると、そこには“猫バス”が登場! 実際に中に入ることも出来るので、ここで記念撮影をしよう♪
 

さらに進むと、スタジオジブリ作品のイメージのひとつ、“空への憧れ”を表現した初公開の特別企画「空飛ぶ機械達 展」ゾーン。会場である六本木ヒルズ展望台ならではの天空からの眺望をバックに、飛行機をテーマにした迫力の展示物を楽しむことができる。
 

そんな内容盛りだくさんの「ジブリの大博覧会」は、9月11日(日)まで開催! 日本を代表する「スタジオジブリ」のすべてが集約された展示は、絶対に見逃さずに! また、展覧会限定グッズや、コラボメニューなども発売されているので、合わせてそちらもチェックしよう!

今年の夏は「ジブリの大博覧会」で素敵な思い出を作ろう!

■ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで〜
開催期間:2016年7月7日(木)〜9月11日(日) ※会期中無休
営業時間:10:00〜22:00(最終入場 21:30) ※営業時間は今後変更になる可能性がございます
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー内スカイギャラリー
入場料:一般 1,800円、高校・大学生1,200円、4歳~中学生 600円、シニア(65 歳以上)1,500円
※前売券はローソンチケットでご購入可能。

ジブリの大博覧会 〜ナウシカから最新作「レッドタートル」まで〜 公式サイト
http://www.roppongihills.com/tcv/jp/ghibli-expo/ 

HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP