ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョン・ボイエガ主演の映画『パシフィック・リム』シリーズ最新作、公開日が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に出演したジョン・ボイエガが主演する映画『Pacific Rim:Maelstorm(原題)』の公開日が決定した。映画『パシフィック・リム』シリーズ続編となる同作は、2018年2月23日に米劇場公開となり、この日に公開が設定された最初の映画となる。

シリーズ最新作の同作は、1億9000万ドルの製作予算で、全世界で4億1000万ドル以上の興行総収入を記録した2013年のSFアクション映画の続編だ。スティーヴン・S・デナイト(テレビシリーズ『Marvel デアデビル』)が、トーマス・タルと共に監督し、メアリー・ペアレントが再びプロデュースを手掛ける。ボイエガと彼のマネージャーであるフェミ・オグンスもプロデュースを手掛ける。

ボイエガは、第1作にも出演したイドリス・エルバの息子役を演じる。第1作目の『パシフィック・リム』は、ギレルモ・デル・トロが監督を務め、チャーリー・ハナム、菊地凛子、チャーリー・デイ、ロブ・カジンスキーが出演した。

『パシフィック・リム』は近未来の設定で、怪獣と戦争状態にある地球が舞台となる。怪獣とは、太平洋の底にある異世界のポータルから出現したモンスターたちだ。

ボイエガは現在、ストームトルーパーのフィン役として再演する映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード8を撮影している。

レジェンダリー・ピクチャーズによる最新作『Pacific Rim:Maelstorm(原題)』は、米ユニバーサル・ピクチャーズが中国を除く全世界での配給を担う予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP