ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

雨宮塔子の『NEWS23』抜擢に歯ぎしりするアノ先輩

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『NEWS23』(TBS系)の新キャスターに決定した雨宮塔子アナ(45)。17年ぶりの古巣復帰となる。TBS局員が雨宮起用の舞台裏をこう明かす。

「『NEWS23』は膳場貴子アナ(41)の産休降板に、4月からキャスター就任予定だった小林悠アナ(30)の体調不良による退社と“看板”の離脱が相次いだ。現在メインキャスターを務める星浩さん(60)は、どうにも華がなく視聴率も低迷している。そこで白羽の矢が立ったのが雨宮だった」

 1999年に同局を退社した雨宮はパリに移住。2002年にはパティシエの青木定治氏と結婚し、2人の子供に恵まれたが2015年に離婚した。

 この間、パリでの生活を綴ったエッセイの連載などの活動はしていたが、メディア露出は限られていた。今回の抜擢にはTBSのこんな狙いがあるという。

「雨宮はテレビ映えするオーラがある上、アナウンス技術も高い。離婚はしたものの主婦層からの支持も得ている。プライドの高いTBSの編成が辞めた人間に頭を下げたわけですから、異例と言えます」(同前)

 だが、元看板アナの“里帰り”が古巣に思わぬ波紋を呼んでいる。歯噛みしていると言われるのが、先輩・渡辺真理キャスター(49)だ。

「TBS時代の雨宮は主にバラエティの担当だった。一方の渡辺は『NEWS23』で筑紫哲也をサポートし、フリー転向後は『ニュースステーション』(テレビ朝日系)でもキャスターを務めるなど、報道畑を歩んできたと自負している。昔から2人の仲が良いのは有名ですが、バラエティ班の雨宮に自分の土俵を荒らされることは、渡辺は快く思っていないはず」(同前)

 また局内からも不満の声が上がっているという。

「若手からは『なんで外部から』という声も少なからずある。しかし、現在『NEWS23』に出演中の皆川玲奈アナ(25)、宇内梨沙アナ(24)らでは、雨宮とレベルが違いすぎる」(TBS幹部)

 さらにこんな影響も指摘されている。

「雨宮起用が“吉”と出れば、今後、同じく人気アナだったOGの進藤晶子(44)の別番組への登用も考えられる。するとますます若手の仕事が減ってしまうでしょう」(同前)

 雨宮の復帰は“星3つ”となるか──。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
TBS吉田明世アナ NEWS23サブキャスターの好機逃した
NEWS23膳場貴子キャスターの後任に岡村仁美アナ据える案浮上
テレ朝・大下容子アナ「いまだに独身なのは七不思議」と社員

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP