ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

感情を数値化する腕輪「ZENTA」が登場!ストレス指数まで可視化

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォンと連動し、手首につけるだけで「歩数」、「消費カロリー」、「睡眠時間(と深さ)」がわかるという活動量計。

スマホの普及してきて、スポーツをやる人だけではなく、運動しない人も着用しているのをよく見かけるようになってきました。

これまでの活動量計は体の健康にフォーカスを当てていますが、「健康って実は心もだよね・・・」という理由で開発されたかどうか知りませんが、ウェアラブルガジェットの「ZENTA」の紹介です。歩数や睡眠などの活動記録だけではなく、感情も数値化できるんですよ!

感情を数値化する

ZENTAは、フィットネス、活動、呼吸、ストレス、幸福度、ムードを測定。ストレス、幸福度、ムードが可視化できるってところが新しいです。

ボクは人前で話すのが苦手で、緊張してしまうんですね。でも、ZENTAを着けて人前で話す回数を重ねると、ストレスや心拍数が下がっていくのが数値でわかり、結果自信がついて人前で話すのが楽になる。という風に使えますよね。人間は数値を見ると安心しますから。

心身ともに健康に

また、感情を可視化するだけではなく、リフレッシュする方法や呼吸法のアドバイスもしてくれます。心身ともに健康的になれるようにサポートしてくれるんですよ。

健康は心から。またひとつテクノロジーが人間を幸せにしてくれますね。

ZENTAは現在INDIEGOGOで200%を越える支援が集まり、商品化が決まっています。値段は149ドル(約1万5000円)で発売は来年2017年の春頃。気になった人はチェックしてみてはいかがでしょうか?

ZENTA: Stress & Emotion Management On Your Wrist | Indiegogo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP