体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

結成35周年LOUDNESS「80年代、米国のハンバーガーは高かった」

エンタメ
結成35周年LOUDNESS「80年代、米国のハンバーガーは高かった」

J-WAVE月曜−木曜の11時30分からの番組「BEAT PLANET」(ナビゲーター:サッシャ)。7月5日(火)のオンエアには、ジャパニーズ・メタルのレジェンドバンド、LOUDNESSからボーカルの二井原実さんが登場しました!

LOUDNESSといえば、日本が誇る世界で最も知られているバンドのひとつで、結成35周年。「あらためて『35周年』って言われてビックリしました(笑)」という二井原さんですが、LOUDNESSが世界進出を果たした80年代は、今と比べて大変な海外事情がいろいろとあったという話題に。

二井原:あの頃は1ドル270円の時代でしたから。マクドナルドのハンバーガーってこんなに高いのかと思って(笑)。朝ごはんでお金がなくなるっていう。
サッシャ:全ての価値が3倍ぐらいだったんですね! しかも、インターネットがない時代に口コミで広まっていったわけですよね?
二井原:カルフォルニアに、アンダーグラウンドのメタルのシンジケートがあって、その人たちが熱心に応援してくれたんですよ。「ぜひカルフォルニアに来てくれ」と言われて、マネージャーとメンバーと5人で行ってきたんです。

世界進出を果たした背景には、ギターの高崎晃さんが、最初から世界に通用するバンドにしたいという思いがあったそうです。

二井原:僕はスカウトで入ったんだけど、ギターの高崎晃に初めて会った時に「世界に通用するバンドにしたいんだ」ってアツく語っていて、その頃は「何を言ってるんだ」みたいに思っていたんです。

というのも、当時は、テクノポップが全盛だったとか。

二井原:ヘビーメタルという言葉はまだ一般的ではなくて、ハードロックと言われていて「ハードロックはもうダメなんじゃない?」っていう雰囲気でしたから。
サッシャ:その後、ヨーロッパツアーなどが始まって現地に行くと「こんなに知ってる人がいるの?」と驚いたのでは?
二井原:ヨーロッパではメタルの新しいムーブメントが起こっていて。彼らが欧米以外でどんなメタルバンドがあるのかすごく調べていたんです。「どうやら日本にもメタルバンドがあるらしいぞ」と。それで話題になり始めたんですね。
サッシャ:当時は日本でもそんなに大きなコンサートホールすらない時代、アメリカのコンサートは規模が大きかったのではないですか?
二井原:当時のツアーマネージャーは、ここまで大規模のコンサートを日本でやろうとしたら、準備に3日はかかるって言ってたんだけど、それをアメリカの人たちは半日でやっちゃうの。つまり、彼らは80年代で既にエンターテインメントのノウハウを知ってたんです。
サッシャ:ノウハウの中で、国内に持ち帰ったのも多かったとか。
二井原:PAや照明などライブの演出の機械で、日本にはまだなかったものを、アメリカからかなり買ってきましたね。今まで日本で使われていなかった照明なども、僕らが初めて使ったんです。

まさにレジェンドならではの話がたくさん飛び出しました。LOUDNESSは7月6日(水)にニューアルバム「SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔」を発売。初期3枚の中から選んだセルフカバーです。

1 2次のページ
J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会