体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歩行器は専門店に買取してもらおう!買取のコツと注意点

歩行器を専門店に買取してもらう理由

null

おじいちゃんやおばあちゃんが使っていた歩行器や歩行車。思い入れはあるから捨てたくはないけど、必要とする人が身の回りにいない。できることなら誰かに使ってもらいたいですよね。可能なら買取してもらったり。

実はそんな介護用品を専門に買取している買取店があります。リサイクルショップのように何でも扱っているわけではありませんので、他の商品の中に歩行器が埋もれてしまうようなこともありません。

買取店は買取した介護用品を中古として販売しますので、買取店であると同時に中古介護用品の販売店になることがほとんどです。専門店ですからそれらを必要としている人が来店します。ニーズの高い介護用品はすぐに売れるという仕組みです。

そんな介護用品の中でも歩行器は人気商品の一つです。使わなくなった歩行器はそのような専門店に買取してもらいましょう。歩行器を必要としている人が購入し、また歩行器が誰かの役に立つ。そうなると嬉しいですよね。

歩行器の種類と使い分け

null

歩行器は大きく分けて2種類あります。体が歩行器内に入る歩行器・歩行車と、買い物カゴなどが付いている、車いすのようにも見えるシルバーカーと呼ばれるものです。

人気が高いのはシルバーカーはそれなりに歩行できる人が、歩行のサポートとして利用します。買い物かごがついていますので、少しぐらい多めの荷物も運搬できます。椅子のように使えるモデルもあり、使い勝手の良さから利用している人が増えている歩行器具です。

体が歩行器内に入るタイプの歩行器は、主に屋内で使用されます。狭い廊下でもその場で180度旋回できたりと、家の中での歩行補助に便利なように作られています。こちらは歩行器なしでは歩くことができない人が利用することが多いタイプになります。

このタイプの歩行器の足はキャスター付きのものと、固定型のものがあります。キャスター付きの歩行器は腕の筋力が低下している人が使用し、固定型は杖での歩行が困難になってきた人が、次のステップとして使うことを前提に作られています。

固定型歩行器は新品で1万円台で販売されています。シルバーカーは2万円台で購入可能ですが、高級なモデルになると8万円前後となり、中古での買取価格ももちろん高くなります。キャスタータイプは固定型歩行器とシルバーカーの中間の値段になります。

歩行器のおすすめ買取店

歩行器や歩行車はできるだけ専門店に買取してもらいたいですが、専門店も多くありますからなかなか探すのも難しいかと思います。ここでは、安心して買取を依頼することができる買取店を紹介します。

とっぷりさいくるモール

とっぷりさいくるモール出展:とっぷりさいくるモール
千葉県を中心とした福祉用具専門の販売・買取店です。基本は千葉市近隣への出張買取になりますが、宅配での買取も受付けていますので、まずは買取の相談をしてみるとよいでしょう。

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会