ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

車いすの処分は買取と寄付の両面から検討。思いを活かす方法

  • ガジェット通信を≫

使わなくなった車いすを処分する

介護が終わると、次に悩むのが介護用品の処分方法です。介護ベッドなどの大型のものは、自治体の粗大ゴミとしても扱ってもらえないケースが多く、専門業者に引き取ってもらうことになります。

車いすのサイズだったら一般的な粗大ゴミで処分することは可能ですが、まだまだ使える車椅子なら、そのまま捨ててしまうのはもったいないですね。では、どうやって処分するのが最も納得の行く方法なのでしょうか?
ここでは、車いすの処分方法について解説します。

車いすの処分方法


買取業者に引き取ってもらう

介護用品の中でも車いす程度のサイズだったら、一般的なリサイクルショップでも取り扱いしているところはたくさんあります。もしも、介護ベッドなども合わせて処分したいということであれば、介護用品専門の業者にまとめて引き取ってもらう方が良いでしょう。

電動介護ベッドのような大型のあるものは、一般のリサイクルショップでも断られることが多いですから、あっちこっちの買取店でバラバラに依頼するよりも、一箇所の専門業者にまとめて引き取ってもらう方が、処分費用なども少なくて済みます。また、中古品として買取してもらえれば、処分費用もかからずお金に変えることも可能です。

介護用品の処分に悩んだら、もっとも手っ取り早いのは購入したお店に問い合わせてみることです。販売店が中古品の取り扱いをしていれば、買取や無料で引き取ってもらえる場合があります。

社会福祉協議会へ問い合わせる

必要としている人がいれば譲ってあげたい・・という方は、自治体の社会福祉協議会へ問い合わせて、施設やボランティアサークルへ寄付するという方法があります。
外出が困難な高齢者や障害者を支援するボランティアグループ・デイサービス・グループホームなどでは、助成金や補助金が少なくて、十分な数の車いすが購入できない団体もたくさん存在します。これらの団体や施設にとって、使える車いすの寄付は歓迎されるはずです。
ただし、あくまでも「譲る」というスタンスなので、原則として金銭の授受はないと考えてください。

車いすの種類と買取価格の期待度


標準タイプ

介護施設や病院などで幅広く利用されているタイプです。
タイヤにハンドルリムがあり使用者が運転可能な「自走式」と、タイヤが小さくハンドルリムのない「介助式」があります。

新品でも比較的購入しやすい価格のため、メーカーやモデルによっては買取してもらえないケースも増えています。自走式車いすは、国内再販は厳しいですが海外での需要が多いため、買取店の提携ルートによってはリユースが可能です。介助用車いすは、日本国内での再販が難しく海外需要も少ないため、廃棄処分されるケースが多いようです。

チルト・リクライニングタイプ

座位姿勢の維持が困難な方向けの車いすで、リクライニングタイプは背もたれ、チルトタイプは背もたれと座面が同時に傾くようになっています。長時間使用しても疲れにくく、自走式・介助式・兼用タイプなどバリエーションが豊富です。

新品価格で10万円を超えるモデルが多く、中古買取でも高値で取引される商品が多数あります。中でも受注生産のチルトタイプの需要が多く、中古品を希望する人が少ないため、買取価格は値下がり傾向です。もともと高価な商品ですが、購入額に見合うような買取価格は、あまり期待できません。

電動タイプ

スティックの操作だけで自走する車いすです。介助式・自走操作・介助操作双方に対応する特殊モデルなど、色々な種類があります。

新品価格が20万円を超えるものがほとんどで、買取価格も高額査定が提示される可能性が高いです。中古買取の依頼数が少なく、商品知識が乏しい買取店も多いため、売却する時には買取店選びが重要になってきます。

スポーツタイプ

パラリンピックのバスケットボールやテニス、ロードレースなどでメジャーになったスポーツ競技用の車いすです。一般公道を走行できるタイプもありますが、競技者の体格・競技内容によって構造が異なるため、ほとんどがオーダーメイドかセミオーダータイプです。

公道でも利用できる量産型モデルは需要が高く、買取価格も期待が持てます。しかし、競技用の場合、体格・用途に合わせてオーダーされるため中古需要は少なく、買取価格はあまり伸びません。ただし、カーボンホイールだけで数万円で売買されるケースもありますので、売却の際には、パーツの詳細情報を伝えることが重要です。

車いす買取のお店紹介

車椅子ファクトリー

車椅子専門の買取店なので、様々なジャンルの車椅子を適正評価、自宅にいながら現金化が可能です。最初に無料オンライン査定で売りたい車椅子の型番や商品情報を入力。メールで買取上限額を知らせてもらえるので、査定額に同意したら宅配買取で集荷依頼を申し込みます。買取集荷は全国対応、遠方からでも送料は無料です。
独自の価格データベースで相場を把握し、実店舗を持たないネットリサイクルに特化して、高額査定に反映します。

良品企画

一般的に、5年を超えると買取を断られる車椅子も、状態や需要を考慮して、良品企画では10年以内の商品なら買取価格が付く可能性があります。介助用・自走式・電動式車椅子はもちろん、シニアカーや競技用車椅子も種類を問いません。現在、YAMAHA製のJWアクティブ、タウニィジョイエックス、JWスウィングの買取強化実施中です。
出張買取エリアは、東京を中心に関東エリアと北海道の主要都市も月に数回巡回しています。その他のエリアは、ヤマト運輸が出張買取代行を行います。

高校生による国際ボランディア「空飛ぶ車いす」活動

日本国内では、年間5万台以上もの車いすが廃棄されています。その一方、アジアの国々では車いすは非常に高価で、必要としているのに購入できない子ども達がたくさんいます。そんな子どもたちに、使える車いすをプレゼントする活動が「空飛ぶ車いす」です。
子どもや親が使用していた車いすには、色々な思い出があることでしょう。いざ、使わなくなったとしても捨てがたいものです。「もしも、誰かが必要としているのなら・・」

そんな思いがこもった車いすが、“ものづくり”を学ぶ工業高校生たちの手によって蘇り、アジア諸国の子どもや高齢者へと届けられます。車いす提供者→修理ボランティア→輸送ボランティアの手渡しリレーによって、廃棄されるはずだった車いすが、今、アジアで再び活躍しています。

まとめ

軽量の簡易タイプ車いすは、ホームセンターなどで安価で購入できるため、買取を断られることが多いようです。電動タイプやリクライニングタイプでなければ買取価格はつかないため、欲しい人が見つからなければ、廃棄しか選択肢はありません。

しかし、ボランティアの現場では不足しているという事情もありますので、廃棄するのがもったいないキレイな状態の車椅子は、次に必要とする人に寄付するというのが、心情として気持ちの良い処分方法かもしれませんね。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。