ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日本で一番「女性の健康余命」の割合が高い静岡の県民性

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 健康寿命を表す指標として、新たな研究結果が報告され話題になった。それは、茨城県立健康プラザ研究員で、聖徳大学看護学部教授の栗盛須雅子さんが「健康寿命」を調べたもの。「健康寿命」とは、介護の必要や障害があるといった生活の支障がなく、健康に日常生活を送れる年数を指す。

 栗盛さんは。厚労省の調査よりも実態に即したWHOが採用している方法で調査を実施。「平均余命に占める健康余命の割合」を都道府県別にランク付けすると、これまで長寿のイメージが強かった沖縄が、男性ワースト1位、女性ワースト2位という結果となった。そして、男性では茨城県がトップ、女性では静岡県がトップとなった。

 今回の調査結果には、少なからず県民性というものが影響しているはず。そこで、女性トップの静岡県を例に、どんな生活を送って健康になっているのか、検証してみる。まず、静岡の県民性について、ナンバーワン戦略研究所所長・矢野新一さんがざっと説明する。

「土地が豊かで、海の幸も山の幸もいろんなものがとれます。だから静岡県民は日本一お米を食べるし、魚も野菜もよく食べる。静岡バス乗車法というのがあり、バスの停留所で静岡県民は並ばないんですが順番に乗るんです。こせこせしてなくて、余裕があるのも、土地が豊かだったことと無関係ではないでしょう」

 東京から新幹線と電車を乗り継いで3時間20分。女性セブン記者は、静岡県森町を訪ねた。静岡県の西部に位置するこの町は、面積133.91平方キロメートルのうち約70%が山林で茶と稲作が盛んな自然豊かな町。人口1万8988人のうち、3人に1人が高齢者(30.9%)だ。

 実は森町は、静岡県が2009年から独自に算出している、県内市町別「お達者度」で男性、女性ともに1位となっている(昨年度)。ちなみにこの「お達者度」は、65才における平均自立期間(介護を受けたり病気で寝たきりになったりせず、自立して健康に生活できる期間)を市町の介護認定・死亡情報をもとに生命表で算出したもの。

 つまり、森町の女性は、今日本でいちばん、ピンピンコロリ(より長く健康に過ごして死ぬ)を実現しているといえるのだ。まず記者が目指したのは、町の中心部に最も近い駅から850mほどの場所にある地域包括支援センターだ。

 驚くことに、歩いてわずか8分程度の間に4人の高齢者に声をかけられた。「どこ行くだ?」「どこから来ただ?」──自転車に乗った70代と思われる女性や老夫婦らは、そんなふうに口々に声をかけ、道順を説明しながら、こちらが聞いてもいない自分の予定をひとしきり話し、去っていった。

 そうして到着した地域包括支援センターで、健康寿命トップになった背景を聞いた。森町役場保健福祉課課長補佐(兼)地域包括支援センタースタッフ長の平田章浩さんが言う。

「…何がいいかわからないんですよね。毎日のことが当たり前になっているので。何が特別なことかってわからないんです」

 というものの、聞けば、実にさまざまな活動に取り組んでいた。例えば教育委員会が月1回開催している「平成学級」。高齢者を対象とした町民講座で、近隣から演者を招いてマジックショーや舞踊を行っている。

 また国立長寿医療研究センターが作った、各自が自分の状態を確認できるチェックリストを用いながら、「脳活性化教室」も開いている。「運動教室」ではゴムチューブを使ってできる体操を指導したり、ノルディックウオーキングなどもする。

 そんな話をしながら、ふと思い出したように同センター主任主査の三浦千晴さんが続ける。

「元気で長生きするためには“きょういくと、きょうようが必要だ”って言います。教育と教養ではありません。“今日、行くところがある”“今日、用がある”ということが大事と聞いたことがありますね。この町の人は、お風呂や『森のこかげ』に行ってしゃべるのが用事だって言ったりします」

『森のこかげ』とは、町の中心部にある町役場が募集した「元気もりもりサポーター」によって運営されている居場所(コミュニティーサロン)だ。

 町民を対象に1年に1回募集している「元気もりもりサポーター」は、週1回、加齢について学んだり、認知症体験や足腰などを不自由にした疑似体験、コミュニケーションの講習を受けるなど、全7回の研修を経た人たち。彼らの中でサロンの手伝いをするなど、なんらかの介護支援ボランティアをした65才以上のサポーターは、1時間1ポイント、1日2ポイントまでを上限としたポイントがもらえる。

「1ポイント100円と換算され、最高で年間50ポイントを5000円として換金できます。これは介護保険料の負担軽減が目的で、それゆえ、対象者が65才以上となっています」(平田さん)

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
静岡のおでん名店 つゆの見た目は黒いがあっさりやさしい味
静岡の回転寿司店の高さ約6cm「こぼれずわいがに」は483円
深海天丼 メギスやドンコを使用し口の中でとけるような食感

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP