ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ステンドグラス風「グラスペイント」に挑戦してみる?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

100円均一でも一部手に入るガラス用絵の具は、ツルツルした面に貼れて、カンタンに取り外せるので人気です。クッキングシートなどに一度描いてから貼り直してもOK。気軽な模様替えツールとして、窓にも応用されているみたい。どんなものができるかは、下記の画像を参考にしてみて。

「Glass Painting」などで検索すると、個人で制作したものが様々見つかりますが、ここではEtsyで販売されている、Vitraazeさんの作品を紹介しましょう。キャンドルホルダーや花瓶など、これに近いものが自分で作れたら…と考えて見ると、挑戦してみたくなりますよ。

01.

キャンドルホルダー¥2,234(税込み・送料別)

02.

キャンドルホルダー¥2,234(税込み・送料別)

03.

花瓶¥4,096(税込み・送料別)

04.

一輪挿し¥2,447(税込み・送料別)

05.

キャンドルホルダー¥2,234(税込み・送料別)

06.

マグ¥2,553(税込み・送料別)

07.

一輪挿し¥2,447(税込み・送料別)

08.

ワイングラス¥5,957(税込み・送料別)

09.

マグ¥2,979(税込み・送料別)

10.

ステムレスワイングラス¥5,745(税込み・送料別)

11.

カップ&ソーサー¥2,819(税込み・送料別)

12.

キャンドルホルダー¥2,766(税込み・送料別)

乾くと透明になる絵の具は、もちろん調合可能。調色や、空気が入らないようにする工夫など、凝り出すと止まらなくなるのだそう。風鈴みたいに涼し気なペイントなら、夏らしさも演出できそうです。

ガラス製の小物も手頃なものが手に入ります。どこにも売っていないあなただけのオリジナルペイントに、ぜひ挑戦してみては?

Licensed material used with permission by Vita

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP