体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ボス デカフェブラック』夜に飲んでもしっかり眠れるカフェインレス・コーヒーを期待満点で飲んでみた!

CR7_8717

現代人は睡眠不足。ともすれば昼間から生あくび連発。ぐっすり眠ればいいとわかっていても世間には敵が多いが、二大強敵といえばやはりスマホ・PCのブルーライトとカフェインだろう。しかし『ボス デカフェブラック』は安眠を妨げないカフェイン抜きのコーヒーだ。

サントリーの信頼のコーヒーブランド・ボスから出たことに意義がある!

何と19世紀の時点でコーヒーからカフェインを取り除く技術が開発されているくらいなので、カフェインレス・コーヒーの歴史は長い。2003年にはコーヒーノキ自体をカフェインレスで作製することに成功し、世の健康志向と相まって、デカフェ・シェアは広まるばかり(ちなみにカフェという響きから誤解されがちだが、デカフェという言葉自体はカフェインレスを指すので、お茶や紅茶でも使用される)。

CR7_8689
ではなぜそんなにカフェインレスが良いのか。それはもちろんカフェインの持つ覚醒作用である。胃腸にも刺激のあることは、お腹を壊して病院に行って”カフェインを摂るな”と確実に医者に言われることでもわかる。特に覚醒作用が問題で、人によって個人差はあるが、過敏な人だと夕方に飲んだコーヒーでも眠れなくなってしまうほど、強力なもの。そこへさらに寝る間際までスマホをいじってブルーライトを浴びていれば、安眠せよという方が無理である。

CR7_8698
だがたとえ安眠のためとはいえ、コーヒー党の人間にとって夕方以降の禁コーヒーは拷問に等しい。残業時の眠気を吹き飛ばすためにがぶ飲みする人も多いだろう。しかし帰宅してもその覚醒効果が続いてらんらんと目が輝いてしまうのも困りもの。

CR7_8696
そんな時に手が出るのがデカフェことカフェインレス・コーヒー。スターバックスでも注文可能なくらい、現代ではおなじみのメニューの一つだが、困った問題がある。つまりたいていのデカフェ・コーヒーはまずいのだ。コーヒー党の人間にとってはこれ、死活問題。まずいコーヒーを飲んでまで安眠なんて欲しくないという人さえいるのではないか。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会