ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OnePlus 3は日本語を正式サポート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国メーカーの OnePlus が今年 6 月に満を持して発売した最新モデル「OnePlus 3」が日本語に対応していることを確認しました。中国メーカーのスマートフォンと言えども、最近では多くの ROM は AOSP の外観を維持した状態で開発されているので、日本語のサポート率も意外と多く言語で問題になることはあまりありません。OnePlus スマートフォンに搭載されている ROM は「OxygenOS」というブランドの付いたものですが、OnePlus スマートフォンを使ったことのある方なら分かると思いますが、OnePlus 3 も日本語をサポートしています。OnePlus 3 では、日本語のみならず、Nexus 並みに多くの言語をサポートしており、初回起動時のウェルカム画面や「言語とキーボード」メニューで日本語を選択するだけで切り換わります。More Locale 2 などのアプリは不要です。ただ、UI 上に表示されるテキストの一部には少し変な日本語が使われていたり、書体が統一されていない場合もあります。ほとんどのテキストは普通に読めるので、全体的に違和感は全く感じません。Source : GearBest

■関連記事
HTC製Nexusスマートフォン「Sailfish」と「Marlin」のイメージ図が公開
OnePlus、Brexitの影響で7月11日からOnePlus 3の価格を£20引き上げ
ASUS、さらに安いZenFone 3「ASUS Z01B」を開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP