ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

76歳・森本毅郎 「やって!TRY」で最近は笑えなくなった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「緑内障を20年前から患い、右耳は難聴、歯はインプラント、心臓と両脚の血管にはステントがそれぞれ2本ずつ入っています。去年は腰がすべり症になって手術をしましたし、もう満身創痍、人工人間ですよ。達者なのは口だけで(笑い)」

 9月に喜寿を迎える森本毅郎(76)は、自虐的にこう言うと豪快に笑った。そこには悲壮感がまるでない。年とともに病が増えていくことを楽しんでいるかのようでもある。そのポジティブな姿勢ゆえか、老いの匂いがしない。

 森本は、月曜日から金曜日まで、毎朝5時20分に東京・赤坂のTBSラジオに入り、6時半から始まるニュース情報番組『森本毅郎・スタンバイ!』に備える。新聞各紙に目を通し、スタッフと打ち合わせ、その日のトップニュースを決めていく。50歳のときにスタートしたこの番組は、首都圏で約20年間にわたり同時間帯の聴取率トップを走り続けている。森本はその秘訣をこう明かす。

「ニュースを真っ向から取り上げて、ちゃんと掘ろう、とやってきた。青っぽい正義感を振りかざすでもなく、日和るのでもなく。いまの世の中はあまり真面目なものは受けないという傾向が強いんですけど、そこには与しない。難しくニュースを捉えるのではなく、これはいったい何だよ、という俺の単純な好奇心、疑問を大切にしています」

 番組のスタッフは20代から40代と若く、彼らからの刺激も大きいという。

「若いスタッフと付き合っていると老けようがないんだよ。彼らから見れば俺は相当ジイさんですよ(笑い)。でも、世の中のニュースに関して年齢は関係ない。彼らと俺は互角です。上からの目線でものを言う気もない」

 森本は、1963年にNHKにアナウンサーとして入局。朝の『NHKニュースワイド』のキャスターを最後に44歳で退局し、TBSと専属契約を結んだ。その後、1991年にフリーとなってからは『スーパーナイト』(フジテレビ系)など活躍の場を広げてきた。

「NHKを辞めたときは、サラリーマンと同じように60歳でリタイアしようと思っていたんです。でも、60歳から急に忙しくなってきて、恰好悪いなと思いながらも定年を自分で勝手に延長してきた。

 ただ、実際に60歳になってみるとまだ現役感バリバリなんだよね。で、俺でもまだ必要とされるならと仕事してきたら、70歳を過ぎちゃって、もう80間近(笑い)」

 1989年からスタートした『噂の!東京マガジン』(TBS系)も長寿番組となり、辞めるに辞められなくなったという事情もあった。

「両番組とも数字(視聴率)は悪くないし、辞めるタイミングが難しい。だから、自分で線を引くのをやめて、『もうお前、用なしよ』と言われたら辞めればいいか、となった。

 一番嫌なのは、周りが『辞めろ』と言い出せなくなって、『こいつ、いつまで頑張っているんだ』と思われること。これまでそういう人をいっぱい見てきたからね。人は自分に甘いから。俺は未練たらしく残りたいとは思わない」

 常に10%前後の視聴率を維持している『噂の!東京マガジン』は、雑誌の見出しから話題の記事を拾う「週刊見出し大賞」、身近にあるトラブルを追究する「噂の現場」などのコーナーで構成される。

 若い女性が料理名を出されて街中で調理する「平成の常識・やって!TRY(とーらい)」も人気コーナーで、毎回、実に珍奇な素人料理が出来上がるのだが、最近は笑えなくなってきたと森本は言う。

「食糧不足に苦しむ国がいっぱいあるのに、食材をめちゃめちゃにしてしまう感覚が怖いんですよ。もうちょっと大事に扱えよ、と言いたくなる。ユーモアじゃなくもうブラック。言葉遣いもこっちがたじろぐくらい乱暴でね。つい、顔が引きつっちゃうんですよ」

●撮影/初沢亜利 取材・文/一志治夫

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
情報番組スタッフ 動物ネタ多いのは女性視聴者に鉄板だから
夏に人気・甲子園球場の串キュウリ 一本串刺しの大胆な一品
ニュース関係者「主婦に政治・国際など硬派ネタはウケない」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP