ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

実はゲーマーのあべ静江 「気絶するまでやっちゃう」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 幼少の頃から少女歌手や子役として芸能活動をしていたあべ静江(64才)。6月末には初めての自叙伝『みずいろの手紙』(夕刊三重新聞社)を出版し、過去の恋愛や現在の「おひとりさま」生活を赤裸々に綴っている。

 いくつかの恋愛を経てきたものの、結局ずっと「おひとりさま」のまま、4年前に還暦を迎えたあべは、こう語る。

「『人生を大きく一回りして、60才からが人生の勝負』ってずっと思ってたんです。だから、50代に入ってからは、いつも還暦を意識してきたので、すごくゆっくりと時間が流れるようになりました。60才を超えてから、健康診断にも行くようになりました(苦笑)。今は60才で生まれ変わって4年です。4才の育ち盛りですから、食欲も旺盛で、どんどん育っています(笑い)。今は何事も楽しむことに貪欲なんです」

 外で友人・知人と楽しいお酒を飲む機会も多いが、家にいる時は刻々と進化しているデジタル機器をさわるのに夢中。スマホのほか、ガラケー2台、iPad、タブレット、PC、ニンテンドーDSを駆使して、ブログやゲームに熱中している。

「とにかく好奇心は旺盛なんです。おひとりさまが寂しいなんて思う暇はないですね。寝る時はほとんど気絶状態になるまで何かしているので。初めてパソコンに出合った時なんて、3日間くらい触り続けて、最後はマウスを持ったまま前のめりに倒れ、顔にキーボードの跡がついちゃった(笑い)。ゲームも気絶するまでやっちゃうし…。新しい機械が出たら、すぐに使いたくなっちゃうの。やっぱり、私、普通の結婚は無理かも(笑い)」

 60才を過ぎての生活を楽しく過ごすには、経験に裏打ちされた「人生を楽しむ技術」が必要だ。

「人間、『つまらない』と思うのはいとも簡単です。どんなにつまらないように見えることでも、見方の角度を変えれば『これは楽しい』、『おいしい』と思えるようになる。それには60年の経験値が必要なのね。あっ、ごめんなさい。私、ゲーマーだから、どうしても『経験値』って言葉を使っちゃうの(笑い)」

※女性セブン2016年7月14日号

【関連記事】
「在宅ひとり死」の可能性に迫る、上野千鶴子氏の新著
生粋の京都人が見て・食べて楽しい7つの散歩道を紹介した本
“おひとりさま”の多岐川裕美 豪邸売却しセカンドライフに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。