ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

7月に巨人広島が直接対決 「メークドラマ2016」なるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「今年こそは……」―毎年そう願いながらも、優勝から遠ざかって四半世紀。そんな広島カープに最大のチャンスがやってきた。2位に9ゲーム差を付ける独走態勢(6月30日現在)。しかし球団関係者とファンの脳裏には、20年前、「ミスタープロ野球」に起こされた奇跡のトラウマが焼き付いている。1996年、当時の巨人・長嶋茂雄監督が「メークドラマ」と名付けた大逆転劇だ。

 6月末の時点で首位を独走していた広島は、巨人に最大11.5ゲーム差を引っくり返されて優勝を逃したのである(結果は3位)。広島にとっての大失速、巨人にとっての「メークドラマ」のきっかけと語り継がれるのが、1996年7月9日の北海道・札幌の円山球場で行なわれた直接対決だ。

 シーズン序盤、巨人はあり余る戦力が機能せずにいた。しかしこの試合で大爆発。川相昌弘の満塁弾を挟んだ1イニング9連続安打(プロ野球タイ記録)を含めた猛攻で10-8と打ち勝った。

 翌10日の同カードもガルベスの好投で3-1と巨人が連勝。これでカープの歯車が狂い始めた。

 巨人は、前半の不振をよそに、7月から松井秀喜のバットが大爆発。8月には月間新記録となる34打点を叩き出す活躍で連続月間MVPに輝いた。低迷していた投手陣も調子を取り戻し、7月は13勝5敗。翌月は19勝7敗、9月も10勝6敗と驚異的なペースで貯金を積み上げ、メークドラマは大団円を迎えた。

「この年の巨人は桑田真澄をケガで欠いていたものの、斎藤雅樹、ガルベスを軸に槙原寛己、木田優夫ら投手陣、松井、落合博満を中心にした攻撃力がマッチしており地力はあった。特に広島から移籍し不振を極めていた川口和久をリリーフに転向させた長嶋采配が当たった」(当時巨人番だった元スポーツ紙記者)

 追う巨人に「メークドラマ」の脈はあるのか。

 確かに、前半戦より戦力は整いつつある。投手陣では、開幕に間に合わなかった内海哲也が一軍に定着。昨季の勝ち頭だったマイコラスも復帰した。1996年の川口と同じ広島からのFA移籍組、大竹寛はくすぶっているが、メークドラマを倣ってのリリーフ転向はありうるか。

 打線では1996年の松井ほどの存在となれるかはともかく、ベテラン阿部慎之助も復調気配。6月26日の横浜戦で3打席連続本塁打を放ったギャレットも不気味だ。

 今年はオールスター直前の7月12、13日に広島との対戦(マツダスタジアム)が組まれ、後半戦に入ってからも26日から巨人-広島3連戦(岐阜、京セラドーム)が組まれている。奇しくも1996年の円山球場と同じ地方球場での巨人のホームゲームだ。この直接対決が「メークドラマ2016」の始まりとなるのか。

※週刊ポスト2016年7月15日号

【関連記事】
V9時代 最下位争い常連の広島が「巨人殺し」と言われた理由
広島ファンの脳裏よぎる 20年前巨人メークドラマのトラウマ
独走状態の広島に「包囲網」を敷けないセ5球団のジレンマ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP