体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

組織論のプロが説く。「生産性とクリエイティビティの両立は、ムリな話です」

生活・趣味

もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。

そもそも
真逆のもの…ですよね?

組織論のプロが説く。「生産性とクリエイティビティの両立は、ムリな話です」

あなたを援護射撃してくれるのは、心理学やマーケティングに関する学術論文を150以上も発表している、アート・マークマン博士。彼が「ハーバード・ビジネス・レビュー」にて書いた記事によれば、

「そもそも、生産性とクリエイティビティはお互いに引っ張り合うもの」

なのだとか。前提として「クリエイティビティを上げようとしたら生産性は下がる」と理解することが大切なようです。でも会社の現場レベルでは、ごちゃごちゃになりがち。

偉大なアイデアは
仕事とは無関係なことから
生まれる

組織論のプロが説く。「生産性とクリエイティビティの両立は、ムリな話です」

例えば、掃除機に革命を起こしたジェームズ・ダイソンは、製材工場の屋根にある、木くずと空気を分離するサイクロン装置を見てひらめいたと言います(Dysonより)。もし彼が、当時使っていた紙パック式掃除機の「生産性」にばかり注目していたら、この革新的なアイデアは生まれなかったかもしれません。

さらにダイソンは、その後5年の歳月と5,127台もの試作を経て開発に成功したそうです。

マークマン博士はこう語ります。

「クリエイティビティをグロースさせるには、時間と空間が必要」

10〜20%
人手が多ければ…

組織論のプロが説く。「生産性とクリエイティビティの両立は、ムリな話です」

しかし大抵の会社は、従業員に「生産性とクリエイティビティの両立」を望むもの。では、どうしたらいいのか。

マークマン博士のアドバイスはいたってシンプルです。

「最低限必要な人員より、10〜20%多く人を雇用すること」

1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会