ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

お勉強革命!「記憶力」がアップする薬が発見されたらしい・・・

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれませんが、安心してください。

北米放射線医学学会によれば、色素の一種である「メチレンブルー」に記憶力を向上させる効果がある、ことが明らかになったとか。

記憶力や集中力が
7%も向上?

22歳〜62歳まで26人を対象にした実験では、少量の「メチレンブルー」を経口投与したところ「短期記憶」が促進し、脳内の記憶を引き出す活動において約7パーセントの増加が認められたのだとか。

もともと「メチレンブルー」は、酸素を身体組織に効率的に届けられない「メトヘモグロビン血症」の治療などにも使われているそうですが、今回の研究結果を受け、認知障がいや認知症の治療薬としても期待が持たれています。

「メチレンブルー」
覚えておいて損はないかも…

「メチレンブルーと記録力」に関する研究は、1970年代にマウスなどでは認められていたものの、今回の研究は人間を対象にした初のfMRI研究になるそう。

研究を担当したテキサス大学健康科学センターのティモシー・ドゥオン博士によれば「より健康的な老後を送るための手助けができるかもしれない」と(Science Dailyより)。

認知症患者の介護などは、本人だけではなく家族や周囲の人にとっても大きな負担となるもの。「メチレンブルー」の研究が、そのバックアップの一歩になるのかもしれません。

Reference:RSNA Radiology,Science Daily

関連記事リンク(外部サイト)

「知的なパートナー」と結婚した人は、認知症になりにくい?(研究結果)
偏頭痛の痛みを和らげるには「緑色の光」が効果的!?(ハーバード大学)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP