ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】世界遺産登録の「絶景」をサイクリングで堪能するべし! ワイン製造の歴史から2007年世界遺産に登録

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界遺産の地を自転車で走り抜ける――スイスではそんな爽快な体験ができる。便利なレンタサイクルを利用して、フランスも望める絶景エリア「ラヴォー地区」で、湖畔サイクリングがおすすめだ。

・ブドウ畑やワイナリーが広がる世界文化遺産の地
観光都市としても有名なスイスのジュネーブ(Geneve)やローザンヌなどは、スイス南部のレマン湖沿いにある町だ。そして、この全長40kmにわたる湖畔「ラヴォー地区」は、長年にわたるワイン製造の歴史から2007年世界遺産に登録された地である。

ラヴォー地区は、陽光を受けた湖やブドウ畑の景観の美しさでも有名。そんな絶景も望めるこのエリアでは、サイクリングを楽しむのを一番におすすめする。

・まずはモントルーで自転車をレンタル
スイス国鉄(SBB)では、主要都市の鉄道駅にある窓口からレンタサイクルを利用できる。また、時間さえ守れば、主要駅のどこでも返却可能。同じ駅まで戻らなくてもよく、サイクリングにはたいへん都合がいい。

ラヴォーサイクリングを楽しむ場合、スタート地点におすすめなのが、世界遺産エリア東端にあたるモントルー(Montreux)。国際空港もあるジュネーブからは鉄道で約1時間10分(乗り換え無し)で到着。1日のレンタル代はCHF20〜30。

・ラヴォー地区最東端、“湖面に建つ”シヨン城へ
自転車を借りたらさっそく出発。最初の目的地はラヴォー地区の最東端にあたる「シヨン城」(モントルー)。ここは、まるで湖に建っているように見えるその美しく幻想的な眺望で知られる。

モントルー駅から車道を通って湖畔へ10分ほどで移動してから、後は湖に沿って続く平坦なサイクリングロードをまっすぐ走ろう。道路脇に咲く花やランナーとの会釈も楽しみつつ走ること30〜40分、シヨン城に到着だ。

・ルソーやドラクロワ、数々の芸術家が魅せられた城で休憩
城にはCHF12.50(スイストラベルパス提示で無料)で入場できる。石造の美しい城へ入れば、城内の小さな窓から、モントルーから遠くジュネーヴまで、レマン湖畔の景観を楽しもう。

通称「an architectural jewel(宝石のような建築)」から望む広い空と青く澄んだ湖は格別である。

ひと呼吸ついたところで、来た道を再び走りだそう。次の目的地は、ブドウ畑の広がるラヴォーサイクリングにおけるメインエリアだ。

もっと詳しく読む: 世界遺産登録の「絶景」をサイクリング(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/07/06/lavaux/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP