ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

きっちり派の私と性格真逆な夫。そんなに言うなら…とお手並み拝見のつもりが…完敗!? by横峰沙弥香

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは。横峰沙弥香です。

私たち夫婦は歳の差が19ある上に性格も真反対。

今でこそうまく回っているものの、息子が産まれたばかりの頃は本当に大変でした。 前回エピソード:19歳上の天然夫vs極端なマニュアル人間のわたし。タイプが違うふたりの円満育児 by横峰沙弥香

何事もキッチリカッチリマニュアル通りにやらなければ気が済まない私と、

感覚で割となんでもこなしてしまう夫。

そんな二人ですから、大変だったのは主に私のほう。

夫のやり方を見ているだけで不安で不安で、毎日キリキリと胃を痛めておりました。

息子の気持ちになってみれば、そんな私と夫、どちらと一緒にいるのが楽しいか……

今なら考えなくてもわかりますが、その頃はとにかくいっぱいいっぱいで

そんな当たり前のことにすら気がつきませんでした。

私に必要だったのは肩の力を抜くことだったのです。

衝突したときはちょっと一息置いて

相手のやり方・考え方を冷静に見てみることが大切なんだと感じるとともに

夫に対しても、衝突したときは一息置いて、

わざわざ相手の心を逆なでするような言い方を選ぶのをやめてくれると嬉しいな〜と

思っています。

よろしく! 夫との考え方の違い・関連記事:風呂掃除後に主人が拗ねた理由は「ありがとう」を言われなかったから。は?私も言われたことないけど?

著者:横峰沙弥香

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳

1984年生まれ イラストレーター。長崎県出身。2015年に産まれた息子の育児絵日記をInstagram(ID:SAYAKAYOKOMINE)で毎日更新中。

ブログ:【まめごはん】

著書:「まめ日記」

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

マイペースな夫に、ふとよぎる”離婚”の二文字。それでもうまくやっていくためには?産後クライシス”座談会<後編>
夫へのモヤモヤ・イライラが詰まった秘密兵器は「下書き」フォルダで発射準備中
「夫はATMだと思ったほうが傷つかない」急速に冷え込む夫婦仲。“産後クライシス”座談会<前編>

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP