体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国産セニアカーは高額査定に期待!買取店紹介と高く売るコツ

セニアカーとは

ac9264547b783e907893ea3116dda484_m

 

セニアカーは、お年寄りが自分で操作して動かす電動車いすです。安定性の良い4輪タイプと、操作しやすい3輪タイプなど、100種類以上ものモデルが発売されています。
道路交通法では歩行者に分類されるため、運転免許は必要なく、福祉用具として介護保険の適用が認められています。また、非課税なので、購入時に消費税はかかりません。

ここでは「セニアカー」と紹介していますが、「シニアカー」という呼び方もあり、呼び方についての知識なども含めて、使用しなくなったセニアカーの買取についても解説していきます。

老後のライフワークを支えるセニアカー

bbf654ed7e2263bc5cf3f1178a9bd60b_s

高い安全性

お年寄りが自分で操作できて、安全性が高く作られているセニアカーは、日常のお買い物やちょっとしたお出かけも一人で出かけることができますから、快適な老後生活に欠かせないパートナーです。転倒の心配もほどんどなく、速度も2~6km/hしか出ませんから、スピードを出しすぎるということもありません。
また、メーカーなどで乗り方講習などを開催して、安心して利用できる環境を整えています。

ガソリン不要

シニアカーは、家庭用の100V電源で充電して使用します。ガソリンなどの燃料を使わないので、安全で経済的です。機種や使用条件によって異なりますが、一度の充電でおよそ20~33kmほど走行が可能です。
お年寄りが一人で近くのスーパーへお買い物に行くなど、ちょっとしたお出かけをサポートするための設計になっています。

スズキのセニアカー

「セニアカー」は、電動車いすの総称として用いられることがありますが、正式には「セニアカー」はスズキ自動車が発売するシニアカーの固有名称です。電動車いすの総称としては「シニアカー」「電動カート」が正しい呼び方です。

シニアカーの中古買取一例

088812スズキET4D   98,000円
スズキ ET4E   98,000円
スズキET4F  120,000円
スズキ タウンカート  98,000円
ホンダ モンパル  180,000円
テラモーターズ アクシア  90,000円
セリオ 遊歩スキップ  130,000円
セリオ 遊歩パートナー  130,000円
セリオ 遊歩フレンド  90,000円

1 2 3次のページ
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会