ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カリモク家具の買取相場とエリア別買取店紹介

  • ガジェット通信を≫

出典:カリモク

誰しも人生に一度は、引っ越しや模様替えにともない、家具を一新する機会があるのではないでしょうか。家具屋さんだと引取代が高く、不用品として捨てるには勿体ない大型の家具に関しては、どのように処分すればよいか悩むところです。

カリモク家具のように、見た目も品質も良い家具だと、なおさら捨てるのに躊躇しますよね。筆者もカリモク60のソファを愛用しています。愛着のある家具は、捨てるぐらいなら、大事にしてくれる誰かに使ってもらいたいと思いますよね。そんなときはぜひ、買取という選択肢を検討してみてください。カリモクの家具なら、ブランド家具として高価買取が期待できますよ。

カリモクの説明・特徴


photo by TAKA@P.P.R.S

カリモク”ことカリモク家具株式会社は、愛知県に本社を置く国内最大手の家具メーカーです。現在では主に家庭向け木製家具の製造、販売、卸しを手がけていて、その品質の良さには定評があります。

1940年、愛知県刈谷市に設立した「刈谷木材工業」がカリモク家具販売株式会社となり、本格的な会社として始動したのがはじまりです。米国バリス社との提携を機に「国際家具連盟」(IFF)に加盟したのを皮切りに、米国ヘンレドン社やノルウェーのホーブ・モーブラー社など、世界のさまざまな一流メーカーと技術提携をしてきました。1983年には海外、特にヨーロッパの様々な様式を忠実に模写した高級路線・ドマーニの生産を開始し、人気を博します。その後もカジュアルラインのディレクトーレや、レトロブームに乗って一世を風靡したカリモク60の生産と販売を開始し、現在に至ります。

今では日本の家具業界を代表する家具メーカーに成長したカリモク家具の人気の理由は、素材へのこだわりにあります。「100歳の木を使うなら、その年輪にふさわしい家具をつくりたい」がカリモクの合言葉。どこで育ったどんな木か、どのように保管され、どんな工程を経て家具として加工されるか、という全ての過程で手を抜きません。徹底した品質管理と高い耐久性で、長く使える家具は、温かみのある質感と美しいフォルムで、日本はもちろん、国外にも多くのファンをもっています。

買取価格相場

長く使用することを前提として作られた家具は、インテリア好きの方なら人一倍愛着がありますよね。せっかく売りに出すなら、すこしでも高く買取してもらいたいと思うのが自然です。ここでは、人気商品をピックアップし、それぞれの買取価格相場をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

ハイバックソファ ZT73モデル

カリモクで一番人気のある定番ソファが、この“ZT73”モデルです。背中から頭部までを支えてくれるハイバックスタイルで、本革・布張りなど好きな生地を選べるオーダーソファーとして人気です。

シングル 買取価格~4万
2人掛け 買取価格~6万
3人掛け 買取価格~8万
都内だと、シングル~2人掛けがとくに人気のようです。高額査定のポイントは、後ほどくわしく説明します。

カリモク60シリーズ

60年代の家具、いわゆるレトロな家具を見事現代に蘇らせて、成功したのがこのカリモク60のシリーズです。元々は社外の他社によって持ち込まれた企画に、カリモク本社が本腰をいれてバックアップしたのが始まりでした。80年代終盤まで生産していた肘掛ソファーを、レトロ感そのままに復刻したこのシリーズはソファに限らず次々にヒットを飛ばし、いまやロングセラーとなっています。

カリモク60 Kチェア 買取価格~1万
出典:カリモク

1人掛けより2人掛けの方が買取価格は高く、オットマンをセットで出せば査定額UPは間違いないでしょう。また、3人掛けは2002年以前に販売されたKチェアにのため、状態を重視されます。

カリモク60 ダイニングテーブル 買取価格~5万
出典:カリモク

人気のダイニングテーブルですが、ダイニングテーブル単体よりは、ダイニングチェアとセットで売ると買取価格が上がる傾向にあります。
テーブルサイズで買取価格に差がありますが、ウォールナットなどの素材で査定価格に差はありません。いたってシンプルな作りのダイニングテーブルなので、やはり、天板の傷や色褪せなどが最も大切なポイントになります。

買取店紹介

ソファやテーブルといった車に乗らないような大型家具の買取には、出張買取が便利です。電話をしてすぐに出張買取に来てもらえる、忙しいときでも依頼しやすい、という点が出張買取の良さです。

ただし、ここで注意しておきたいことが、「出張買取が利用できる範囲」です。全国展開をしているお店であれば各地に支店があるので利用できますが、お店が地方に限られているところは可能な範囲が決められています。
ここでは、エリア別に買取店をご紹介いたします。

関東・関西エリア

トレジャーファクトリー

出典:トレジャーファクトリー

トレジャーファクトリーは、関東・関西で約65店舗も展開している大手の買取店です。出張買取可能エリアは、関東・関西はもちろん、東海地方、九州の福岡県まで対応してます。

また、引越しと同時に家具の買取を考えている方には、引越・買取・処分が一括でできる「トレファク引越」というユニークなパックがおすすめです。引越前に出た不用品の買取や、「引越」と「買取」両方まとめての見積が可能なので、引越しという忙しい時期でも、手間なくお得に引越しができてしまいます。

東海エリア

買取いちばんドットコム

出典:買取いちばんドットコム

買取いちばんドットコムは、家具の買取専門業者です。とくに、ブランド家具やデザイナーズ家具の買取を強化しています。カリモク家具はブランド家具でもありますので、専門家に査定してもらうと高価買取が期待できます。

出張買取可能エリアは、名古屋市16区・愛知県全域・三重県(近部エリア)・岐阜県(近部エリア)となります。東海地区にお住まいであれば、即日対応も可能ですので、ぜひ検討してみてください。

査定基準


買取年数の目安

家具の場合は おおよそ5年~7位前までのデザインが買取の目安になります。
これは一般的に言って 5年、10年使って今風のデザインの物に買い換えるのに10年、15年前の商品に買い換えたいと思う方は少ないだろうと考えるからです。

ただし、ブランド家具やデザイナーズ家具は年数に関係なく買取可能な場合が多いです。これは、「新品では手が届かなくても中古なら・・・」と考える方が多いからです。カリモクの家具は、ブランド家具としてはリーズナブルですが、ドマーニシリーズなどの高級ラインなどは、インテリア好きには「憧れのブランド」でしょう。そのさい、保証書などがそろっていた方が高価買取になりやすいです。

ソファの場合

ソファの場合は、匂いに注意が必要です。ご家庭内でペットを飼っていたり、タバコを吸われる方がいる場合は、それだけで買取不可になることもあります。自宅の匂いは自分では気づきにくいものです。大丈夫と思っても、念をいれてファブリック用の消臭剤などを利用しましょう。

輸送時は注意!

出張買取のほかに宅配買取という手もありますが、ここではあまりお勧めしません。理由は、大型家具の梱包は素人には難しく、梱包に問題があった場合、輸送中に破損などの恐れがあるからです。破損や故障があれば査定額が下がるのはもちろん、最悪の場合買取不可になることもあります。せっかく苦労して送ったのに、処分の対象になってしまうなんて残念ですよね。
どうしても宅配買取しか利用できないという場合は、傷がつかないよう丁寧に梱包しましょう。

高価買取のポイント・時期


シリーズ・セットはまとめて査定

カリモク家具はシリーズ販売をしていることからも、複数のシリーズをお持ちの場合は、まとめて買取査定に申し込むことをおすすめします。またダイニングテーブルのさいも指摘しましたが、テーブルはチェアとのセットで査定価格が大幅アップします。ソファの場合は、オットマンもまとめて査定してもらいましょう。

ほこりや指紋は取り除こう

家具本体のキズや凹みは買取査定のマイナス要因となりますが、ホコリや指紋などの簡単な汚れを掃除しておくことで、査定額のプラスが期待できます。とくに、指紋はなかなか気が付かないポイントの一つです。

不要と感じたらすぐ売ろう

家具は保管しているだけでも消耗が進むため、ご不用と感じた際は、すぐに買取査定へ申し込みましょう。デザイン家具は、新しいデザインがでれば古いものの価値は下がってしまいます。カリモク家具は定番品が多いですが、早く売るに越したことはないでしょう。

まとめ

カリモク家具の買取、いかがでしたか?長く愛されるように作られた家具を捨ててしまうのはもったいないし、家具もかわいそうですよね。処分するより手間がかからずお得な買取、ぜひこの機会に検討してみてください!

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP