ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

うっかり日焼けをなくす!正しい日焼け対策の心得3つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

無意識の日焼けが一番怖い?!正しい日焼け対策とは

ますます日差しが強くなっていく季節ですね。夏休みがあったり、お盆休みがあったりで、外出の機会も多くなります。
日焼けをしないよう心掛けていたつもりでも、「あれっ、日焼けした?」と言われたことはないでしょうか。
日焼けは紫外線を浴びることとつながります。お肌にとって紫外線を浴びることは、「百害あって一利なし」と言われるほど、お肌の老化を促進させてしまいます。
今回は、できるだけ日焼けしないコツをお伝えしますね。

 

「気が付いたら日焼けした」を予防する心得3つ

①UVカットクリームは2度塗りが基本!
一番日焼けしたくない箇所…女性は特に顔だと言われる方が多いですよね。
紫外線UVAは、お肌の弾力性を支えているコラーゲン繊維などを破壊してしまいます。お肌の弾力性が失われると、たるみやシワの原因となってしまうので、やはり顔の日焼けは一番に避けたいところではないでしょうか。
日傘やサングラスなどの防備アイテムもありますが、シーンによっては利用しづらい時もあります。そんな時でも、UVカットクリームは顔に塗るだけなので最も活用しやすいのです。
ムラにならないよう丁寧に塗ることがポイントです。そして顔の中でも出ている部分(おでこ・頬・鼻)は特に焼けやすいので、2度塗りすることをおススメします。
汗で落ちてしまう場合があるので、絶対焼けたくない場合は、こまめに塗り直すこともポイントです。
全体的に丁寧に塗り直しがむずかしい時は、おでこ・頬・鼻だけでも塗り直しておくと違います。
②運転中も要注意!アイテムの利用で部分日焼けを予防せよ!
シーンに合わせて上手に取り入れることにより、日焼け度はグンと違ってきます。
気を付けたいのは車の運転時です。気付いたら片腕だけ焼けている、なんてこともあります。無防備でいるのと、アームカバーを着用しているのとは全然違います。
他にも日傘やサングラス、ストールなど、上手に活用するのとしないのでは、大きく差が出ることでしょう。髪も紫外線によってダメージを受けますので、帽子や紫外線防止の髪スプレーなんかも上手に活用されるといいですね。
③保湿が命!事前のお手入れは必須!
日頃から水分量のよいお肌と乾燥気味のお肌では、同じ紫外線量を浴びてしまったとしても、ダメージを受ける度合いが違います。
紫外線は水分を奪います。乾燥していてキメが乱れているお肌では、さらに水分が奪われることになり、焼けやすく乾燥も進みます。
日頃から水分量のよい健康なお肌であれば、本来持っているお肌の力で、ある程度は紫外線防御機能も働いてくれます。完全に紫外線を浴びない生活は無理ですので、あらかじめ外出などで紫外線を多く浴びると予想される時は、事前にしっかり保湿ケアをして水分量が足りているお肌に整えておくのもポイントです。

 

日常のケアが一番の日焼け対策~My検証結果・必須ワザ~

絶対に焼けたくないと思って対策をしていても、生きていく上で光を完全にシャットアウトするのは不可能です。時には明るい太陽の日差しは、心や気分を晴れ晴れにしてくれます。
私は日頃から自分でできる範囲の紫外線対策を実行していますが、アウトドアを楽しむこともあります。職業柄、さまざまなシーンでも自分以外の方のお肌も自然とチェックしてしまうのですが、同じ状況で紫外線を浴びた時に、日常のケア意識・食事・生活習慣によってダメージを受ける量が、本当に違うものなんだとつくづく感じています。
日常から美肌への意識が高い人ほど、ダメージを受けにくいようです。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP