体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』完成披露プレミアイベントで史上最多の50人登壇

映画『HiGH&LOW THE MOVIE』完成披露プレミアイベントで史上最多の50人登壇

7月16日より公開の映画『HiGH&LOW THE MOVIE』。本作の公開に先駆けて7月4日に東京国際フォーラム ホールAにて『HiGH&LOW THE MOVIE』完成披露プレミアイベントを開催。プレミアイベントには、AKIRA、青柳翔、井浦新、TAKAHIRO、登坂広臣、岩田剛典、鈴木伸之、鬼龍院翔、窪田正孝を始め、出演陣ら合計50人が登壇。観客の前に、撮影時の裏話や作品への想いを語った。

完成披露プレミアイベントの模様は、全国101スクリーンで同時中継されており、駆けつけた観客は全国の映画館だけでも26,000人に上った。国際フォーラムには4,000人の観客で会場は満席となり、約30,000人が一斉に本イベントに参加するビックイベントとなった。

史上最多50人のメンバーが登壇するとあって、開演のブザーが鳴り、イベントの始まりとなるオープニング映像が流れると、会場から割れんばかりの歓声に包み込まれた。メンバーの姿が登場するとボルテージは最高潮に到達し、声援と大拍手に迎えられて舞台挨拶がスタートした。

まずは、本作の企画プロデュースを手掛けたEXILE HIROが挨拶。「熱気が凄くて最高です!やっと完成しました!完成するまで数えきれないほど観ましたが、久保監督始め、多くのスタッフさんの才能でしたり情熱を感じました。ここにいるキャストの皆さん思いが詰まった作品になってると思うので、皆さんに早く本作を見ていただいて色々なことを感じていただければと思います」とコメント。

続いてムゲン総長、琥珀役のAKIRA、琥珀の右腕・九十九役の青柳翔、琥珀と共にムゲンを創設した達也役の井浦新が順に挨拶。AKIRAは「皆さんの熱気が凄くて、改めてHiGH&LOW旋風を起こしたいと思っております!」と気合十分に挨拶をし、次に青柳翔が「バイクでムゲンメンバー7人が並走するシーンは本当に楽しくて、ムゲンみたいなチームを作っちゃう?なんて言うような話をするぐらいで思い出に残ってます」とコメント。井浦新は、「もっとアクションをやりたかったです。どちらかというと皆を止める側の役だったのですが、楽しかったです。」と胸の内を明かした。

続いて雨宮兄弟の次男、雅貴役のTAKAHIRO、三男・広斗役の登坂広臣が挨拶。兄弟役についてTAKAHIROは「日ごろから登坂とは飲みに行ったりプライベートでも過ごすことが多いので、そのままの雰囲気でやりました」と答えると、登坂広臣は「雅貴はTAKAHIROさんのまんまで、素直に弟を演じられました」と私生活でも仲が良いことを告白。

TAKAHIROが振り回される役どころについて質問されると、TAKAHIROは、「お兄ちゃんの話を聞きなさいというセリフがあるのですが、登坂と飲みに行っているときに本当に聞いていない時があって、凄く熱く話しているのに、“ポカーン”としている」と意外な一面を暴露した。この件について登坂は「役を演じているだけです」と返し、訪れた観客の笑いを誘った。

山王連合会総長、コブラ役の岩田剛典は「普段から山王連合会のメンバーでご飯に行ったりしていました。佐藤寛太の二十歳の誕生日に初めて皆で乾杯したことが思い出です」と話し、劇中同様に仲間を大切にする岩田の人間性が垣間見え、ホッコリする一幕もあったが、“イノキをリスペクト”している役柄のためMCに促されモノマネをするかと思いきや、すかさず隣にいたAKIRAが「バカヤロー!」と助け舟。岩田をフォローし会場は爆笑に包まれた。

White Rascalsのリーダー・ROCKY役の黒木啓司は、役柄全身白で固めた服装のため登壇時の黒のスーツに「黒で仕上げてきました。」とコメント。女性を守るチームということもあり、会場の8割を女性が埋めた会場を見渡し、「素敵な女性ばかり。こんな登壇は初めてなので嬉しいです。ガッチリ守っていきたいと思うので、短い時間ですが素敵な時間を過ごしましょう。PARTY TIME!」と役柄を挟んでの挨拶に会場からは歓声が飛び交った。

鬼邪高校の番長、村山良樹役の山田裕貴は、タフさとど根性さを兼ね備えた役柄とは一変優しいイメージを指摘され「普段おどおどしちゃうタイプです。いくら鬼邪高校の番長でも、さすがに4000人は相手にできないです」と自虐ネタで会場を笑いに包むも、「チームを好きになってもらうためにはどうすれば良いか、皆さんとコミュニケーションを取りながら考えました」と真剣に向き合う姿勢に大きな拍手が贈られた。

RUDEBOYSのスモーキー役を演じた窪田正孝は、大歓声に迎えられるも「圧倒されています」と、あまりの盛り上がりに「雰囲気が怖いです」と怯えてながら挨拶。「皆が真剣にパルクールをしながら演じてくれた」と仲間への感謝を口にした。

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。