体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

騒がしい環境で360°の音が自然に聞こえる補聴器『オーティコン オープン』が発売 外部機器連携やネット接続の機能も

騒がしい環境で360°の音が自然に聞こえる補聴器『オーティコン オープン』が発売 外部機器連携やネット接続の機能も

デンマークの補聴器メーカー、オーティコン補聴器は7月5日、新製品『オーティコン オープン(Oticon Opn)』を発表、同日から販売を開始しました。

oticon2 oticon3

従来の補聴器は、聞き取る音に指向性があり、ユーザーの正面の音のみを伝えて側面や背後の音は抑えられてしまうという特徴がありました。『オーティコン オープン』は、ユーザーの周囲360°の音を伝え、ノイズなど不快な音を抑えることにより、騒がしい環境でも自然に聞こえるのが特徴です。

oticon4

発表会では騒がしい環境として、多くの人でテーブルを囲み、楽器が演奏される会食の場面が例示されましたが、会場ではVRヘッドセットとヘッドホンでその違いを体感できる展示も。従来の補聴器を想定した映像では、顔を向けた方向にいる人が話す内容しか聞き取れないのに対して、『オーティコン オープン』の利用をイメージした映像では横や離れた場所にいる人の話も聞くことができました。同社は、両者の違いが理解できるコンセプト動画を公開しています。

オーティコンオープン_コンセプト動画(YouTube)
https://youtu.be/p1X5XnFUMlQ

oticon5

従来の指向性のある補聴器では音を聞き取り理解しようとする際、脳に負荷がかかっていたのに対して、『オーティコン オープン』はこの負荷を軽減。従来製品と比較して疲れやすさが20%低減する、会話の覚えやすさが20%向上する、会話の理解が30%向上するという効果が見られたとのこと。

oticon6 oticon7

複雑な課題を処理する場合に、人間の瞳孔は交感神経の変化に反応して大きくなることから、同社は補聴器を装着して音声を聞き取る際の瞳孔の大きさを計測するテストを実施。『オーティコン オープン』では、従来製品と比べて瞳孔の大きさが縮小することが確認できたそうです。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。